NSX Cloud のサービス プリンシパルおよび CSM と Public Cloud Gateway (PCG) のロールの詳細情報を入力したら、CSM に Microsoft Azure サブスクリプションを追加できます。

前提条件

  • NSX-T Data Center のエンタープライズ管理者ロールが必要です。

  • NSX Cloud のサービス プリンシパルの詳細情報が含まれる PowerShell スクリプトの出力が必要です。

  • ロールとサービス プリンシパルを作成する際に PowerShell スクリプトを実行したときに提供した PCG ロールの値が必要です。

手順

  1. エンタープライズ管理者ロールを持つアカウントを使用して、CSM にログインします。
  2. [CSM] > [クラウド] > [Azure] の順に移動します。
  3. [+ (追加)] マークをクリックし、次の詳細を入力します。

    オプション

    説明

    名前

    CSM で、アカウントを識別するための適切な名前を指定します。1 つの Microsoft Azure テナント ID に、複数の Microsoft Azure サブスクリプションが関連付けられている場合があります。アカウント名に「Account」を含めると、CSM 内で分かりやすい名前になります。たとえば、Azure-DevOps-Account や Azure-Finance-Account などにします。

    クライアント ID

    PowerShell スクリプトの出力からこの値をコピーして、貼り付けます。

    キー

    PowerShell スクリプトの出力からこの値をコピーして、貼り付けます。

    サブスクリプション ID

    PowerShell スクリプトの出力からこの値をコピーして、貼り付けます。

    テナント ID

    PowerShell スクリプトの出力からこの値をコピーして、貼り付けます。

    ゲートウェイ ロール名

    デフォルト値は nsx-pcg-role です。デフォルトを変更した場合、この値は nsx_pcg_role.json ファイルから取得できます。

    クラウド タグ

    デフォルトではこのオプションが有効になっており、Microsoft Azure タグを NSX Manager に表示することができます。

  4. [保存] をクリックします。

    CSM でアカウントが追加されて、数分以内に [アカウント] セクションに表示されます。

次のタスク

Microsoft Azure VNet への PCG の展開