Tier-0 論理ルーターは、Kubernetes ノードを介して外部ネットワークに接続します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) にログインします。
  2. [ネットワーク] > [ルーティング] > [ルーター] の順に移動して、[追加] > [Tier-0 ルーター] の順にクリックします。
  3. 名前を入力します。必要に応じて説明も入力します。
  4. この Tier-0 論理ルーターをバックアップする既存の Edge クラスタをドロップダウン メニューから選択します。
  5. (必須) 高可用性モードを選択します。
    アクティブ/スタンバイを選択します。
  6. [保存] をクリックします。
    新しい論理ルーターがリンクとして表示されます。
  7. (必須) 論理ルーターのリンクをクリックします。
  8. [ルーティング] > [ルート再配分] の順にクリックします。
  9. 新しい再配分の基準を追加するには、[追加] をクリックします。
    送信元の場合には、ルーティング(NAT ではない)トポロジで [NSX スタティック] を選択します。NAT トポロジの場合には、 [Tier-0 NAT] を選択します。
  10. [保存] をクリックします。
  11. 新しく作成されたルーターをクリックします。
  12. [設定] > [ルーター ポート] の順にクリックします。
  13. [追加] をクリックして、アップリンク ポートを追加します。
  14. トランスポート ノードを選択します。
  15. 以前作成した論理スイッチを選択します。
  16. 外部ネットワークの IP アドレスを指定します。
  17. [保存] をクリックします。
    新しい論理ルーターがリンクとして表示されます。