Upgrade Coordinator を使用して環境内のホストをアップグレードします。

前提条件

  • ホストのアップグレード プランが設定されていることを確認します。「ホストの構成」を参照してください。

  • スタンドアローン vSphere ESXi ホストが vCenter Server で管理されていない場合に、vSphere ESXi ホスト上で実行されているテナント仮想マシンがパワーオフされていて、これらのホストがメンテナンス モードになっていることを確認します。

  • vSphere ESXi ホストが DRS が有効なクラスタに含まれている場合は、vSphere ESXi ホスト上で実行されているテナントの仮想マシンがパワーオフされていないことを確認します。

    vSphere ESXi ホストをメンテナンス モードにしないでください。NSX-T Data Center は、アップグレード中に、ホスト上で稼動している仮想マシンを同じクラスタの別のホストに移行します。

  • vSphere ESXi ホストが DRS が無効なクラスタに含まれている場合は、vSphere ESXi ホスト上で実行されているテナント仮想マシンがパワーオフされていることを確認します。vSphere ESXi ホストをメンテナンス モードに切り替えます。

  • KVM ホストの場合、仮想マシンをパワーオフする必要はありません。

手順

  1. [開始] をクリックして、ホストをアップグレードします。

    エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) が表示されます。

  2. EULA の一番下までスクロールします。
  3. EULA の条件に同意し、[続行] をクリックします。
  4. [続行] をクリックします。
  5. アップグレード プロセスを確認します。

    アップグレード全体のステータスと各ホスト アップグレード ユニット グループの特定の状況を確認できます。アップグレードにかかる時間は、環境内のホスト アップグレード ユニット グループの数によって異なります。

    処理中のアップグレード ユニットが正常にアップグレードされるまで待ちます。その後、アップグレードを一時停止し、アップグレードされていないホスト アップグレード ユニット グループを構成して、アップグレードを再開することができます。

    注:

    ホスト アップグレード ユニットのアップグレードに失敗して、ホストを NSX-T Data Center から削除した場合は、Upgrade Coordinator を更新して、正常にアップグレードされたホスト アップグレード ユニットをすべて表示します。

    アップグレード中にホストがクラッシュした場合は、ホストを再起動して、アップグレードを再試行します。

  6. アップグレードが成功したら、NSX-T Data Center パッケージの最新バージョンが vSphere および Ubuntu ホストにインストールされていることを確認します。
    • vSphere ホストの場合は esxcli software vib list | grep nsx と入力します。

    • Ubuntu ホストの場合は dpkg -l | grep nsx と入力します。

    • Red Hat ホストの場合は、rpm -qa | egrep 'nsx|openvswitch|nicira' と入力します。

  7. アップグレードの前にパワーオフされた、vCenter Server によって管理されていない vSphere ESXi ホストのテナント仮想マシンをパワーオンします。
  8. DRS が有効なクラスタの一部である、vCenter Server によって管理されているホスト上のテナント仮想マシンを、アップグレードされたホストに移行します。

    DRS が有効なクラスタは、アップグレードの前にパワーオフされ、移行されます。

  9. アップグレードの前にパワーオフされた、DRS が無効なクラスタの一部である vSphere ESXi ホストのテナント仮想マシンをパワーオンします。
  10. (オプション) NSX Manager アプライアンスで、[ファブリック] > [ノード] の順に選択します。
    1. [ホスト] タブで、環境のすべての状態インジケータがインストール済みと表示され、接続ステータスが稼動中になっていることを確認します。
    2. [トランスポート ノード] タブで、構成のすべての状態インジケータが稼動中になっていて、緑であることを確認します。

次のタスク

アップグレード プロセスが正常に終了した場合にのみ、アップグレードを続行できます。一部のホストが無効になっている場合は、続行する前に、これらのホストを有効にしてアップグレードする必要があります。「NSX Edge クラスタをアップグレードします。」を参照してください。

アップグレード エラーがある場合には、エラーを解決する必要があります。「アップグレード エラーのトラブルシューティング」を参照してください。