Upgrade Coordinator は NSX Manager で実行されます。Upgrade Coordinator は、ホスト、NSX Edge クラスタ、NSX Controller クラスタ、および管理プレーンのアップグレード プロセスを調整する自己完結型の Web アプリケーションです。

Upgrade Coordinator により、適切な順序でアップグレードを実行できます。アップグレード プロセスをリアルタイムで追跡し、必要であれば、ユーザー インターフェイスからアップグレードを一時停止したり、再開することができます。

Upgrade Coordinator を使用すると、連続または並行してグループをアップグレードできます。グループ内のアップグレード ユニットを連続してアップグレードするか、または並行してアップグレードするかを選択することもできます。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[システム] > [ユーティリティ] > [アップグレード] の順に選択します。

    Upgrade Coordinator が実行されていない場合は、有効にするよう通知を受け取ります。

  3. Upgrade Coordinator を有効にします。
    1. nsx-cli を使用して、NSX Manager ノードにログインします。
    2. Upgrade Coordinator が有効で、実行されていることを確認します。

      get service install-upgrade

    3. install-upgrade サービスが無効になっている場合には、このサービスを開始します。

      set service install-upgrade enabled

タスクの結果

Upgrade Coordinator をアップグレードする準備ができました。「Upgrade Coordinator のアップグレード」を参照してください。