NSX-T Data Center のアップグレードにかかる時間は、インフラストラクチャ内でアップグレードが必要なコンポーネント数によって異なります。ホストの一部のみがアップグレードされている場合や、NSX Edge ノードがアップグレードされていない場合など、アップグレード中の NSX-T Data Center コンポーネントの状況を理解することが重要です。

アップグレード プロセスは次のとおりです。

[ホスト] > [NSX Edge クラスタ] > [NSX Controller クラスタ] > [管理プレーン]。

ホストのアップグレード

アップグレード中

アップグレード後

  • vCenter Server の管理対象でないスタンドアローンの vSphere ESXi ホストの場合、vSphere ESXi ホスト上で実行しているテナント仮想マシンをパワーオフして、ホストをメンテナンス モードにするか、仮想マシンを別のホストに移動します。

  • DRS が有効なクラスタに vSphere ESXi ホストが含まれている場合は、vSphere ESXi ホストで実行されているテナント仮想マシンをパワーオフしたり、vSphere ESXi ホストをメンテナンス モードにしたりしないでください。NSX-T Data Center は、アップグレード中に、ホスト上で稼動している仮想マシンを同じクラスタの別のホストに移行します。

  • DRS が無効なクラスタの一部である vSphere ESXi ホストの場合、vSphere ESXi ホスト上で実行しているテナント仮想マシンをパワーオフします。vSphere ESXi ホストをメンテナンス モードに切り替えます。

  • KVM ホストの場合、仮想マシンをパワーオフする必要はありません。

  • 設定の変更は、NSX Manager で行うことができます。

  • アップグレードの前にパワーオフされた、vCenter Server によって管理されていない vSphere ESXi ホストのテナント仮想マシンをパワーオンするか、移動し直します。

  • アップグレードの前にパワーオフされた、DRS が無効なクラスタの一部である vSphere ESXi ホストのテナント仮想マシンをパワーオンします。

  • アップグレードされたホストは、アップグレードされていないホスト、NSX Edge クラスタ、NSX Controller クラスタ、管理プレーンと互換性があります。

  • アップグレードで導入された新機能は、NSX Edge クラスタ、NSX Controller クラスタ、管理プレーンがアップグレードされるまで設定できません。

NSX Edge クラスタのアップグレード

アップグレード中

アップグレード後

  • NSX Edge のアップグレード中に、次のようなトラフィックの中断が発生する可能性があります。

    • NSX Edge がデータパスに含まれている場合、North-South のデータパスが影響を受けます。

    • NSX Edge ファイアウォール、NAT、またはロード バランシングを使用する Tier-1 ルーター間の East-West トラフィック。

    • レイヤー 2 とレイヤー 3 の一時的な中断。

  • 設定の変更は NSX Manager でブロックされませんが、遅延が発生する可能性があります。

  • 設定の変更は許可されます。

  • アップグレードされた NSX Edge クラスタは、アップグレードされたホスト、および古いバージョンの NSX Controller クラスタ、および管理プレーンとの互換性があります。

  • アップグレードで導入された新機能は、NSX Controller クラスタと管理プレーンがアップグレードされるまで設定できません。

NSX Controller クラスタのアップグレード

アップグレード中

アップグレード後

  • 設定の変更は NSX Manager でブロックされませんが、遅延が発生する可能性があります。

  • 設定の変更は許可されます。

  • アップグレードされた NSX Controller クラスタは、アップグレードされた NSX Edge クラスタおよび古いバージョンの管理プレーンとのみ互換性があります。

  • アップグレードで導入された新機能は、管理プレーンがアップグレードされるまで設定できません。

注:

トランスポート ノードから NSX Controller への通信が変更されたため、TCP ポート 1235 および 1234 を開いてから、NSX-T Data Center 2.1 以降のバージョンにアップグレードする必要があります。アップデートが成功すると、TCP ポート 1235 が使用されます。

管理プレーンのアップグレード

アップグレード中

アップグレード後

  • 設定の変更は管理プレーンでブロックされません。管理プレーンのアップグレード中は、変更を加えないことをお勧めします。

  • API サービスは使用できます。

  • 一時的にユーザー インターフェイスが使用できなくなります。

  • 設定の変更は許可されます。

  • アップグレードで導入された新機能は設定可能です。