ホストのアップグレード手順をカスタマイズすることができます。アップグレードで特定のホストを無効にしたり、アップグレード プロセスの各段階でアップグレードを一時停止したりできます。

既存のすべてのスタンドアローン vSphere ESX ホスト、単一クラスタ内の vCenter Server によって管理される vSphere ESX ホスト、および KVM ホストは、デフォルトで個別のホスト アップグレード ユニット グループにグループ化されています。

ホストをアップグレードする前に、ホストを同時に更新するのか、連続して更新するのかを選択できます。環境内のすべてのホストとホスト アップグレード ユニット グループに対して同時アップグレードを選択する場合、ホスト アップグレード ユニット グループは 5 つまで、グループ当たりのホスト数は 5 台までを同時にアップグレードできます。

注:

単一クラスタ内の vCenter Server で管理されている vSphere ESX ホストを含むホスト アップグレード ユニット グループには、連続したアップグレードのみ実行可能です。

アップグレードの前に、ホストのアップグレード手順をカスタマイズできます。ホスト アップグレード ユニット グループを編集し、あるホストをすぐにアップグレードするホスト アップグレード ユニット グループに移動する一方で、別のホストを後でアップグレードするホスト アップグレード ユニット グループに移動できます。特に頻繁に使用するホストがある場合は、ホスト アップグレード ユニット グループ内のホストのアップグレード手順を変更してそのホストが最初にアップグレードされるようにし、使用頻度の一番低いホストは最後にアップグレードされるようにすることができます。

注:

最新のアップグレード バンドルをアップロードした後に vSphere ESX ホストを登録する場合は、[リセット] をクリックして、最近追加された vSphere ホストをアップグレードできるようにする必要があります。

前提条件

  • スタンドアローン vSphere ESXi ホストが vCenter Server で管理されていない場合に、vSphere ESXi ホスト上で実行されているテナント仮想マシンがパワーオフされていて、これらのホストがメンテナンス モードになっていることを確認します。

  • vSphere ESXi ホストが DRS が有効なクラスタに含まれている場合は、vSphere ESXi ホスト上で実行されているテナントの仮想マシンがパワーオフされていないことを確認します。

    vSphere ESXi ホストをメンテナンス モードにしないでください。NSX-T Data Center は、アップグレード中に、ホスト上で稼動している仮想マシンを同じクラスタの別のホストに移行します。

  • vSphere ESXi ホストが DRS が無効なクラスタに含まれている場合は、vSphere ESXi ホスト上で実行されているテナント仮想マシンがパワーオフされていることを確認します。vSphere ESXi ホストをメンテナンス モードに切り替えます。

  • KVM ホストの場合、仮想マシンをパワーオフする必要はありません。

  • トランスポート ゾーンまたはトランスポート ノードの N-VDS 名にスペースが含まれていないことを確認します。スペースがある場合には、N-VDS 名にスペースが含まれていないトランスポート ゾーンを作成します。古いトランスポート ゾーンに関連付けられ、新しいトランスポート ゾーンを使用するすべてのコンポーネントを再設定し、古いトランスポート ゾーンを削除します。

手順

  1. ホスト アップグレード プランの詳細を入力します。

    全体的なアップグレード順序を設定し、先にアップグレードするホスト アップグレード ユニット グループを指定できます。

    オプション

    説明

    連続

    すべてのホスト アップグレード ユニット グループを連続してアップグレードします。

    このメニュー項目はデフォルトで選択され、アップグレード順序全体に適用されます。この選択は、ホスト コンポーネントを段階的にアップグレードする場合に便利です。

    たとえば、全体的なアップグレードが連続モードに設定され、ホスト アップグレード ユニット グループのアップグレードが並行モードに設定されている場合、ホスト アップグレード ユニット グループは 1 つずつアップグレードされ、グループ内のホストは同時にアップグレードされます。

    並行

    すべてのホスト アップグレード ユニット グループを同時にアップグレードします。

    最大で 5 台のホストを同時にアップグレードできます。

    アップグレード ユニットがアップグレードに失敗した場合

    ホストのアップグレードに失敗した場合に、アップグレード プロセスを一時停止します。

    これにより、ホスト アップグレード ユニット グループのエラーを修正してからアップグレードを再開できます。

    各グループのアップグレード完了後

    ホスト アップグレード ユニット グループのアップグレードが完了するたびにアップグレード プロセスを一時停止します。

    デフォルトでは、すべてのホストがアップグレードされたときにアップグレードが一時停止します。アップグレードの結果を確認してから、次のホスト アップグレード ユニット グループまたは NSX Edge クラスタのアップグレードに進むことができます。

  2. (オプション) ホスト アップグレード ユニット グループのアップグレード順序を変更します。

    全体のアップグレードに連続した順序を設定すると、ホスト アップグレード ユニット グループのアップグレードが完了してから次のホスト アップグレード ユニット グループのアップグレードに進みます。ホスト アップグレード ユニット グループのアップグレードの順序を変更して、先にアップグレードするホスト アップグレード ユニット グループを指定できます。

    1. ホスト アップグレード ユニット グループを選択し、[アクション] タブをクリックします。
    2. ドロップダウン メニューから [順序の変更] を選択します。
    3. ドロップダウン メニューから [前] または [後] を選択します。
    4. [保存] をクリックします。
  3. (オプション) アップグレード対象からホスト アップグレード ユニット グループを削除します。

    一部のホスト アップグレード ユニット グループを無効にして、後でアップグレードすることもできます。

    1. ホスト アップグレード ユニット グループを選択し、[アクション] タブをクリックします。
    2. ドロップダウン メニューから [状態の設定] を選択します。
    3. [無効] を選択して、ホスト アップグレード ユニット グループを削除します。
    4. [保存] をクリックします。
  4. (オプション) ホスト アップグレード ユニット グループのアップグレード手順を変更します。

    デフォルトでは、アップグレード順序は並行に設定されています。

    1. ホスト アップグレード ユニット グループを選択し、[アクション] タブをクリックします。
    2. ドロップダウン メニューから [アップグレード順序の設定] を選択します。
    3. アップグレード手順を変更するには、[連続] を選択します。
    4. [保存] をクリックします。
  5. アップグレードのカスタム プランを破棄し、デフォルトの状態に戻すには、[リセット] をクリックします。
    警告:

    前のアップグレード設定をリストアすることはできません。

次のタスク

ホスト アップグレード ユニット グループを追加、編集、削除するのか、ホスト アップグレード ユニット グループをアップグレードするのかを決定します。ホスト アップグレード ユニット グループの管理またはUpgrade Coordinator を使用したホストのアップグレードを参照してください。