ホスト アップグレード ユニット グループ内のホストは手動でアップグレードできます。

前提条件

Upgrade Coordinator が更新されていることを確認します。「Upgrade Coordinator のアップグレード」を参照してください。

手順

  1. Upgrade Coordinator の [ホストのアップグレード] タブに移動します。
  2. ホスト アップグレード ユニット グループを選択します。
  3. [アクション] > [状態の設定] > [無効] の順に選択します。

    その他のホスト アップグレード ユニット グループがある場合は、[無効] に設定します。

  4. [開始] をクリックして事前アップグレード プロセスを実行します。
  5. ホストのアップグレードが一時停止するまで待機します。
  6. vSphere ESXi ホストを手動でアップグレードします。
    注:

    アップグレード中にホストがクラッシュした場合は、ホストを再起動して、アップグレードを再試行します。

    1. vSphere ESXi ホストをメンテナンス モードに切り替えます。
    2. NSX Manager から vSphere ESXi オフライン バンドルの場所に移動します。

      http://<nsx-manager-ip-address>:8080/repository/<target-nsx-t-version>/metadata/manifest

    3. vSphere ESXi オフライン バンドルを vSphere ESXi/tmp にダウンロードします。
    4. vSphere ESXi ホストをアップグレードします。

      esxcli software vib install -d /tmp/<offline-bundle-name>.

  7. KVM ホストを手動でアップグレードします。
    注:

    アップグレード中にホストがクラッシュした場合は、ホストを再起動して、アップグレードを再試行します。

    1. アップグレード スクリプトをダウンロードします。

      http://<nsx-manager-ip-address>:8080/repository/<target-nsx-t-version>/HostComponents/<os-type>/upgrade.sh

      ここで、os_type は rhel74_x86_64 または xenial_amd64 です。

    2. KVM ホストをアップグレードします。

      upgrade.sh <host-upgrade-bundle-url>

      ここで、ホスト アップグレード バンドルの URL は http://<nsx-manager-ip-address>:8080/xyz です(xyz は、http://<nsx-manager-ip-address>:8080/repository/<target-nsx-version>/metadata/manifest ファイルのパスの 1 つです)。

      例:http://<nsx-manager-ip-address>:8080/repository/2.3.0.0.0.9999999/HostComponents/rhel74_x86_64/nsx-lcp-2.3.0.0.0.9999999-rhel74_x86_64.tar.gz

  8. Upgrade Coordinator の [ホストのアップグレード] タブに移動して、ページを更新します。

    手動でアップグレードされたすべてのホストが、アップグレードされた状態で表示されます。

  9. アップグレードが成功したら、NSX-T Data Center パッケージの最新バージョンが vSphere および Ubuntu ホストにインストールされていることを確認します。
    • vSphere ホストの場合は esxcli software vib list | grep nsx と入力します。

    • Ubuntu ホストの場合は dpkg -l | grep nsx と入力します。

    • Red Hat ホストの場合は、rpm -qa | egrep 'nsx|openvswitch|nicira' と入力します。

  10. アップグレードの前にパワーオフされた、vCenter Server によって管理されていない vSphere ESXi ホストのテナント仮想マシンをパワーオンします。
  11. DRS が無効なクラスタの一部である、vCenter Server によって管理されているホスト上のテナント仮想マシンを、アップグレードされたホストに移行します。

    DRS が有効なクラスタは、アップグレードの前にパワーオフされ、移行されます。

  12. アップグレードの前にパワーオフされた、DRS が無効なクラスタの一部である vSphere ESXi ホストのテナント仮想マシンをパワーオンします。
  13. (オプション) NSX Manager アプライアンスで、[ファブリック] > [ノード] の順に選択します。
    1. [ホスト] タブで、環境のすべての状態インジケータがインストール済みと表示され、接続ステータスが稼動中になっていることを確認します。
    2. [トランスポート ノード] タブで、構成のすべての状態インジケータが稼動中になっていて、緑であることを確認します。

次のタスク

アップグレード プロセスが正常に終了した場合にのみ、アップグレードを続行できます。一部のホストが無効になっている場合は、続行する前に、これらのホストを有効にしてアップグレードする必要があります。「NSX Edge クラスタをアップグレードします。」を参照してください。

アップグレード エラーがある場合には、エラーを解決する必要があります。「アップグレード エラーのトラブルシューティング」を参照してください。