本リリースでは、CSM のアップグレードに、NSX CLI のみを使用できます。

前提条件

これは、NSX Cloud コンポーネントのアップグレードの 3 番目の手順です。NSX Agent および PCG のアップグレードがすでに完了している必要があります。

このタスクを行うには、CSM に対する root 権限が必要です。

手順

  1. CSMroot としてログインし、VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub ファイルを /var/vmware/nsx/file-store/ にコピーします。

    $ssh root@<NSX CSM IP Address>
    root@nsxcsm:~# cp /repository/<version>/CloudServiceManager/nub/VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub /var/vmware/nsx/file-store/
     

    注:

    NSX Agent および PCG のアップグレード の手順に沿って NSX Cloud マスター アップグレード バンドル (.mub) ファイルを CSM にアップロードすると、ファイル VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub/repository/<version>/CloudServiceManager/nub/ に展開されます。

    CSM のアップグレードを続行するには、このファイルを /var/vmware/nsx/file-store/ にコピーする必要があります。

  2. NSX CLI にログインします。
    
    root@nsxcsm:~# nsxcli
    
  3. ファイル VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub を展開して、確認します。
    nsxcsm> verify upgrade-bundle VMware-NSX-unified-appliance-<version>
    

    出力例:

    Checking upgrade bundle /var/vmware/nsx/file-store/VMware-NSX-unified-appliance-<version>.nub contents
    Verifying bundle VMware-NSX-unified-appliance-<version>.bundle with signature VMware-NSX-unified-appliance-<version>.bundle.sig
    Moving bundle to /image/VMware-NSX-unified-appliance-<version>.bundle
    Extracting bundle payload
    Successfully verified upgrade bundle
    Bundle manifest:
        appliance_type: 'nsx-unified-appliance'
        version: '<upgrade version>'
        os_image_path: 'files/nsx-root.fsa'
        os_image_md5_path: 'files/nsx-root.fsa.md5'
    Current upgrade info:
    {
      "info": "",
      "body": {
        "meta": {
          "from_version": "<current version>",
          "old_config_dev": "/dev/mapper/nsx-config",
          "to_version": "<post-upgrade version>",
          "new_config_dev": "/dev/mapper/nsx-config__bak",
          "old_os_dev": "/dev/xvda2",
          "bundle_path": "/image/VMware-NSX-unified-appliance-<version>",
          "new_os_dev": "/dev/xvda3"
        },
        "history": []
      },
      "state": 1,
      "state_text": "CMD_SUCCESS"
    }
    
  4. アップグレードを開始します。
    nsxcsm> start upgrade-bundle VMware-NSX-unified-appliance-<version> playbook VMware-NSX-cloud-service-manager-<version>-playbook
    

    出力例:

    Validating playbook /var/vmware/nsx/file-store/VMware-NSX-cloud-service-manager-<version>-playbook.yml
    Running "shutdown_csm_svc" (step 1 of 6)
    Running "install_os" (step 2 of 6)
    Running "migrate_csm_config" (step 3 of 6)
     
    System will now reboot (step 4 of 6)
    After the system reboots, use "resume" to start the next step, "start_csm_svc".
    {
      "info": "",
      "body": null,
      "state": 1,
      "state_text": "CMD_SUCCESS"
    }
    Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin>
    Broadcast message from root@Autoimport-nsx-cloud-service-manager-thin (Fri 2017-08-25 21:11:36 UTC):
     
    The system is going down for reboot at Fri 2017-08-25 21:12:36 UTC!
    
  5. アップグレードが完了するのを待ちます。アップグレード中に CSM が再起動され、再起動後に CSM のユーザー インターフェイスが再起動すると、アップグレードが完了します。
  6. CSM のバージョンを確認し、アップグレードされたことを確認します。
    nsxcsm> get version
    
  7. CSM で Microsoft Azure アカウントを使用する場合は、本リリースで新たに追加された MSI ロール名を生成する必要があります。
    • NSX-T Data Center 管理ガイド』の [CSM に Microsoft Azure インベントリへのアクセスを許可する] トピックの手順を行います。CSM および PCG の MSI ロール、並びに NSX Cloud サービス プリンシパルを生成するため、この操作はアップグレード中に実行する必要があります。

    • CSM にログインし、[クラウド] > [アカウント] > [Azure] > [アクション] > [アカウントの編集] の順に移動して、[ゲートウェイのロール名] を追加します。デフォルトの名前は、nsx-pcg-role です。

次のタスク

NSX-T Data Center のアップグレード の手順を実行します。