NSX Controller クラスタのみをアップグレードできます。

NSX Controller ノードが複数ある場合は、並行してアップグレードされます。

注:

トランスポート ノードから NSX Controller への通信が変更されたため、まず TCP ポート 1235 および 1234 を開いてから、NSX-T Data Center 2.1 以降のバージョンにアップグレードする必要があります。アップデートが成功すると、TCP ポート 1235 が使用されます。

通信のトラブルシューティングおよび検証には、TCP ポート 1235 を使用します。

前提条件

手順

  1. [開始] をクリックして、NSX Controller クラスタをアップグレードします。
  2. アップグレード プロセスを確認します。

    アップグレード全体のステータスと各コントローラ ノードの状況の詳細をリアルタイムで確認できます。

    アップグレード中、ホストへの NSX Controller クラスタの接続は一時的に中断されます。アップグレードが完了したら、コントローラ ノードのステータスが成功または失敗と表示されます。

  3. (オプション) NSX Manager アプライアンスで、[システム] > [概要] の順に選択し、各 NSX Controller ノードで製品バージョンが更新されていることを確認します。

次のタスク

プロセスが成功した場合は、アップグレードに進むことができます。管理プレーンのアップグレード を参照してください。

アップグレードに失敗し、次のアップグレード エラー メッセージが NSX Controller の Syslog に格納されます。

<179>1 2018-06-04T06:03:09.819560+00:00 ctrl2 NSX - -
[nsx@6876 comp="nsx-controller" subcomp="upgrade-bundle"]
upgrade_bundle_helper: Failed to verify bundle:
/image/VMware-NSX-controller-2.2.0.0.0.8680774 has bad permissions:
0750

これは、アップグレード中に NSX Controller が再起動したことが原因です。失敗した NSX Controller ノードを特定し、このノードの CLI にログインします。コマンド verify upgrade-bundle <bundle-name> を実行します。NSX Controller のアップグレードを開始します。