NSX-T Data Center をアップグレードした後、アップグレードされたコンポーネントのバージョンが更新されているかどうかを確認できます。

前提条件

アップグレードを実行します。「NSX-T Data Center のアップグレード」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. ナビゲーション パネルから、[システム] > [ユーティリティ] > [アップグレード] の順に選択します。
  3. 全体のアップグレード バージョン、コンポーネントのバージョン、アップグレード前後の製品バージョンが正しいことを確認します。

    アップグレードのステータスが「成功」と表示されます。

  4. (オプション) ダッシュボード、ファブリック ホスト、NSX Edge クラスタ、トランスポート ノード、論理エンティティの状態インジケータがすべて緑で、正常に展開され、警告が表示されていないことを確認します。
  5. (オプション) 複数のコンポーネントのステータスを確認します。
    • ファブリック ノードのインストール

    • トランスポート ノードのローカル制御プレーン (LCP) と管理プレーン エージェントの接続

    • ルーターの接続

    • NAT ルール

    • DFW ルール

    • DHCP リース

    • BGP の詳細

    • IPFIX コレクタ内のフロー

    • ネットワーク トラフィックを有効にする TOR 接続

  6. 既存の Ubuntu KVM ホストをトランスポート ノードに使用している場合は、/etc/network/interfaces ファイルをバックアップします。