サービスの実行停止または起動の失敗は、問題の原因になります。すべてのサービスが正常に実行されていることを確認することは重要です。

NSX Manager サービスのステータスを確認するには、以下を実行します。
nsxmgr> get services
Service name:       cm-inventory
Service state:      stopped

Service name:       http
Service state:      stopped
Session timeout:    1800
Connection timeout: 30
Redirect host:      (not configured)

Service name:       install-upgrade
Service state:      stopped
Enabled:            True

Service name:       liagent
Service state:      stopped

Service name:       manager
Service state:      stopped
Logging level:      info

Service name:       mgmt-plane-bus
Service state:      running

Service name:       node-mgmt
Service state:      running

Service name:       nsx-message-bus
Service state:      running

Service name:       nsx-upgrade-agent
Service state:      running

Service name:       ntp
Service state:      running

Service name:       search
Service state:      stopped

Service name:       snmp
Service state:      stopped

Start on boot:      False
Service name:       ssh

Service state:      running
Start on boot:      True

Service name:       syslog
Service state:      running
上記の例では、HTTP サービスが停止しています。次のコマンドで、HTTP サービスを開始できます。
nsxmgr> start service http

SSH サービス

アプライアンスの展開時に SSH サービスが有効でない場合は、アプライアンスに管理者としてログインし、次のコマンドを実行して有効にすることができます。
start service ssh
次のコマンドを使用して、ホストの起動時に SSH が起動するように設定できます。
set service ssh start-on-boot
SSH の root ログインを有効にするには、アプライアンスに root としてログインし、ファイル /etc/ssh/sshd_config を編集して次の行を置き換えます。
PermitRootLogin prohibit-password

あるいは、アプライアンスをパワーオフして、vApp のプロパティを変更することで、SSH サービスを有効にし、SSH の root アクセスを有効にできます。

次のコマンドを使用して
PermitRootLogin yes
次のコマンドを使用して SSHD サーバを再起動します。
/etc/init.d/ssh restart