自動トレースフロー ツールを使用するか、パケットを手動でトレースして、パケット ロスのトラブルシューティングを実行できます。

NSX Manager の GUI からトレースフロー ツールを実行するには、[ツール] > [トレースフロー]の順に移動します。詳細については、NSX-T 管理ガイドを参照してください。

手順

  • パケットを手動でトレースするには:

    ESXi では、net-stats -l を実行して、仮想インターフェイス (VIF) のスイッチポート ID を取得します。ソースとターゲットの仮想インターフェイスが同じハイパーバイザーにある場合は、次のコマンドを実行します。

    pktcap-uw --switchport <src-switch-port-ID> --dir=0
    pktcap-uw --switchport <dst-switch-port-ID> --dir=1

    ソースとターゲットの仮想インターフェイスが別のハイパーバイザーにある場合は、ソースの仮想インターフェイスをホストしているハイパーバイザーで、次のコマンドを実行します。

    pktcap-uw --switchport <src-switch-port-ID> --dir=0
    pktcap-uw --uplink <uplink-name> --dir=1

    ターゲットの仮想インターフェイスをホストしているハイパーバイザーで、次のコマンドを実行します。

    pktcap-uw --uplink <uplink-name> --dir=0
    pktcap-uw --switchport <dest-switch-port-ID> --dir=1

    KVM では、ソースとターゲットの仮想インターフェイスが同じハイパーバイザーにある場合は、次のコマンドを実行します。

    ovs-dpctl dump-flows