NCP と同じポッドで Syslog が実行されるように、サイドカー コンテナを設定できます。次の手順では、Syslog エージェント イメージが example/rsyslog であることを前提としています。

手順

  1. ログをファイルに書き込むように、NCP と NSX Node Agent を設定します。
    NCP と NSX Node Agent の yaml ファイルで、log_dir パラメータを設定し、マウントするボリュームを指定します。次はその例です。
        [DEFAULT]
        log_dir = /var/log/nsx-ujo/
        ...
    
        spec:
          ...
          containers:
            - name: nsx-ncp
              ...
              volumeMounts:
              - name: nsx-ujo-log-dir
                # Mount path must match [DEFAULT] option "log_dir"
                mountPath: /var/log/nsx-ujo
          volumes:
            ...
            - name: nsx-ujo-log-dir
              hostPath:
                path: /var/log/nsx-ujo

    ログ ファイルの名前を変更するには、log_file パラメータを設定します。デフォルトの名前は、ncp.lognsx_node_agent.lognsx_kube_proxy.log です。log_dirオプションに /var/log/nsx-ujo 以外のパスが設定されている場合、hostPath ボリュームまたは emptyDir ボリュームを作成して、対応するポッド仕様にマウントする必要があります。

  2. ホスト パスが配置され、ユーザー nsx-ncp によって書き込み可能であることを確認してください。
    1. 次のコマンドを実行します。
          mkdir -p <host-filesystem-log-dir-path>
          chmod +w <host-filesystem-log-dir-path>
    2. ユーザー nsx-ncp を追加するか、ホスト パスのモードを 777 に変更します。
          useradd -s /bin/bash nsx-ncp
          chown nsx-ncp:nsx-ncp <host-filesystem-log-dir-path>
      or
          chmod 777 <host-filesystem-log-dir-path>
  3. NCP ポッド仕様の yaml ファイルに、Syslog の ConfigMap を追加します。次はその例です。
        kind: ConfigMap
        metadata:
          name: rsyslog-config
          labels:
            version: v1
        data:
          ncp.conf: |
            module(load="imfile")
        
            ruleset(name="remote") {
              action(type="omfwd"
              Protocol="tcp"
              Target="nsx.example.com"
              Port="514")
        
              stop
            }
        
            input(type="imfile"
              File="/var/log/nsx-ujo/ncp.log"
              Tag="ncp"
              Ruleset="remote"
  4. NCP ポッドの yaml ファイルに rsyslog コンテナに追加します。rsyslog が設定データを検索でき、他のコンテナからログを読み取り可能なボリュームをマウントします。次はその例です。
         spec:
           containers:
           - name: nsx-ncp
             ...
           - name: rsyslog
             image: example/rsyslog
             imagePullPolicy: IfNotPresent
             volumeMounts:
             - name: rsyslog-config-volume
               mountPath: /etc/rsyslog.d
               readOnly: true
             - name: nsx-ujo-log-dir
               mountPath: /var/log/nsx-ujo
           volumes:
             ...
             - name: rsyslog-config-volume
               configMap:
                 name: rsyslog-config
             - name: nsx-ujo-log-dir
               hostPath:
                 path: <host-filesystem-log-dir-path>