NSX Manager クラスタ構成には、次の要件が適用されます。

  • 本番環境では、管理プレーンと制御プレーンの停止を回避するため、NSX Manager クラスタに 3 つのメンバーが必要です。

    クラスタ メンバーはそれぞれ固有のハイパーバイザー ホストに配置する必要があります。合計で 3 台の物理ハイパーバイザー ホストが必要です。1 台の物理ハイパーバイザー ホストの障害が NSX 制御プレーンに影響を及ぼさないようにするため、この設定が必要になります。3 つのすべてのクラスタ メンバーが異なるホストで実行されるように、非アフィニティ ルールの適用をおすすめします。

    本番環境では通常、3 ノードの NSX Manager クラスタが稼動しています。ただし、一時的に NSX Manager ノードを追加して、IP アドレスを変更することができます。

    重要: NSX-T Data Center 2.4 では、 NSX Manager に NSX 中央制御プレーンのプロセスが含まれています。これは、NSX の処理に重要なサービスです。NSX Manager が完全に失われた場合、またはクラスタが 3 つの NSX Manager から 1 つの NSX Manager に減少した場合、環境のトポロジを変更できません。また、NSX に依存するマシンの vMotion は失敗します。
  • 本番環境のワークロードを処理しないラボや事前検証 (POC) 環境の場合は、リソースを節約するため、単一の NSX Managerを実行することもできます。NSX Manager ノードは、ESXi または KVM のいずれかに展開できます。ただし、ESXi と KVM の両方にマネージャを展開することはできません。

重要: NSX-T Data Center 環境内のサイト数により、要件が異なる場合があります。 単一サイト、デュアル サイト、複数サイトに対する NSX Manager クラスタの要件 を参照してください。