このワークフローでは、パブリック クラウドで NSX Cloud の使用を開始するための手順の概要を提供します。

注: 展開を計画するときに、オンプレミスの NSX-T Data Center アプライアンスがパブリック クラウドの PCG と正常に接続していることを確認します。また、トランジット VPC/VNet はコンピュート VPC/VNet と同じリージョンに配置する必要があります。
表 1. NSX Cloud をパブリック クラウドに接続するための準備ワークフロー
タスク 方法
CSM をインストールして NSX Manager と接続します。 CSM のインストールおよび NSX Manager との接続 を参照してください。
CSM で 1 つ以上のパブリック クラウド アカウントを追加します。 パブリック クラウド アカウントの追加 を参照してください。
トランジット VPC または VNet 内で PCG を展開し、コンピュート VPC または VNets にリンクします。 NSX Public Cloud Gateway の展開またはリンク を参照してください。
パブリック クラウドでタグ付けし、ワークロード仮想マシンに NSX Agent をインストールして、これらの仮想マシンをオンボーディングします。 NSX-T Data Center 管理ガイド』のワークロード仮想マシンのオンボードの手順に沿って操作します。