NSX Manager をインストールする前に、環境がサポートされている要件を満たしていることを確認します。

トランスポート ノードのハイパーバイザー ホストの要件

ハイパーバイザー バージョン CPU コア メモリ
vSphere サポート対象の vSphere バージョン 4 16 GB
CentOS Linux KVM 7.4 4 16 GB
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) KVM 7.6、7.5 および 7.4 4 16 GB
SUSE Linux Enterprise Server KVM 12 SP3、SP4 4 16 GB
Ubuntu KVM 18.04 および 16.04.2 LTS 4 16 GB
表 1. NSX Manager でサポートされているホスト
サポートの説明 ハイパーバイザー
ESXi サポート対象のホストについては、VMware 製品互換性マトリクスを参照してください。
KVM RHEL 7.4 および Ubuntu 16.04 LTS

ESXi ホストに対しては、NSX-T Data CentervSphere 6.7 U1 以降でホスト プロファイルおよび Auto Deploy 機能をサポートします。詳細については、『VMware ESXi のインストールとセットアップ』の「vSphere Auto Deploy について」を参照してください。

注意: : Red Hat Enterprise Linux (RHEL) で yum update コマンドを実行すると、カーネルのバージョンがアップデートされ、 NSX-T Data Center との互換性が失われることがあります。 yum update を実行する場合は、カーネルの自動更新を無効にします。また、 yum install を実行した後、 NSX-T Data Center が該当のカーネルのバージョンをサポートしていることを確認します。

ハイパーバイザー ホストのネットワーク要件

NSX-T Data Center を実行しているハイパーバイザー ホストには、互換性のある NIC カードが必要です。サポートされている NIC カードについては、 VMware 互換性ガイド を参照してください。
ヒント: : 互換性ガイドで互換性のあるカードをすばやく識別するには、次の基準を適用します。
  • [I/O デバイス タイプ] で、ネットワーク を選択します。
  • サポートされている GENEVE カプセル化を使用するには、[機能] で、GENEVE オプションを選択します。
  • 拡張データ パスを使用するには、N-VDS 拡張データ パス を選択します。

拡張データ パスの NIC ドライバ

My VMware 画面からサポート対象の NIC ドライバをダウンロードします。

NIC カード NIC ドライバ

Intel 82599

ixgben 1.1.0.26-1OEM.670.0.0.7535516

Intel(R) Ethernet Controller X710 for 10GbE SFP+

Intel(R) Ethernet Controller XL710 for 40GbE QSFP+

i40en 1.2.0.0-1OEM.670.0.0.8169922

NSX Manager 仮想マシンのリソース要件

シン仮想ディスクのサイズは 3.8 GB、シック仮想ディスクのサイズは 200 GB です。

アプライアンスのサイズ メモリ vCPU ディスク容量 仮想マシンのハードウェア バージョン
NSX Manager 極小規模 8 GB 2 200 GB 10 以降
NSX Manager の小規模な仮想マシン 16 GB 4 200 GB 10 以降
NSX Manager の中規模の仮想マシン 24 GB 6 200 GB 10 以降
NSX Manager の大規模な仮想マシン 48 GB 12 200 GB 10 以降
注: : NSX-T 2.4 では、 NSX Manager は、これまで個別のアプライアンスを必要としていた複数のロールを提供しています。これには、ポリシー ロール、管理プレーン ロール、中央制御プレーン ロールが含まれます。中央制御プレーン ロールは、これまで NSX Controller アプライアンスによって提供されていました。
  • NSX Manager の極小規模な仮想マシンのリソース要件は、Cloud Service Manager のみに適用されます。

  • NSX Manager の小規模な仮想マシンのアプライアンス サイズは、ラボおよび POC(事前検証)の環境に適しています。本番環境では使用しないでください。

  • NSX Manager の中規模の仮想マシンのアプライアンスは標準的な本番環境に最適で、最大 64 のハイパーバイザーをサポートできます。

  • NSX Manager の大規模な仮想マシンのアプライアンスは、64 を超えるハイパーバイザーを使用する大規模環境用です。

NSX Manager の大規模な仮想マシンのアプライアンス サイズを使用して最大のスケーリングを行う場合は、https://configmax.vmware.com/guest にある VMware Configuration Maximums ツールに移動し、製品リストから NSX-T Data Center を選択します。

NSX Manager のブラウザのサポート

ブラウザ Windows 10 Windows 8.1 Ubuntu 14.04 Mac OS X 10.11 および10.12
Internet Explorer 11 はい
Firefox 55 はい
Chrome 60 はい はい
Safari 10
Microsoft Edge 40
注: : Internet Explorer 11 の互換モードはサポートされていません。

サポートされるブラウザの最小解像度は、1280 × 800 ピクセルです。

ネットワーク遅延の要件

NSX Manager クラスタの NSX Manager 間のネットワークの最大遅延は 10 ミリ秒です。

NSX Manager とトランスポート ノード間のネットワークの最大遅延は 150 ミリ秒未満です。

ストレージ要件

  • ディスク アクセスの最大遅延は 10 ミリ秒未満です。
  • NSX Manager は共有ストレージに配置することをおすすめします。
  • ストレージ障害の発生ですべての NSX Manager のファイル システムが読み取り専用モードにならないように、ストレージを高可用性にする必要があります。

    最適な高可用性ストレージ ソリューションを設計する方法については、ご使用のストレージ テクノロジーのドキュメントを参照してください。