vSphere Client を使用して NSX Manager または Cloud Service Manager を仮想アプライアンスとして展開できます。

Cloud Service Manager は、NSX-T Data Center コンポーネントを使用する仮想アプライアンスで、パブリック クラウドへのコンポーネントの組み込みを行います。

前提条件

  • システム要件を満たしていることを確認します。システム要件を参照してください。
  • 必要なポートが開いていることを確認します。「ポートとプロトコル」を参照してください。
  • ESXi ホストでデータストアが構成されていて、アクセスできることを確認します。
  • NSX Manager で使用する IP アドレスとゲートウェイ、DNS サーバの IP アドレス、ドメイン検索リスト、および NTP サーバの IP アドレスを確認します。
  • まだ作成していない場合は、宛先の仮想マシン ポート グループ ネットワークを作成します。NSX-T Data Center アプライアンスを管理仮想マシン ネットワークに配置します。

    複数の管理ネットワークが存在する場合は、NSX-T Data Center アプライアンスから他のネットワークへのスタティック ルートを追加できます。

  • NSX Manager IPv4 または IPv6 IP アドレス設定スキームを計画します。

手順

  1. VMware ダウンロード ポータルで NSX-T Data Center OVA ファイルを見つけます。

    ダウンロード URL をコピーするか、OVA ファイルをダウンロードします。

  2. vSphere Client で、NSX-T Data Center をインストールするホストを選択します。
  3. 右クリックして [OVF テンプレートの展開] を選択し、インストール ウィザードを開始します。
  4. OVA のダウンロード URL を入力するか、OVA ファイルに移動します。
  5. NSX Manager 仮想マシンの名前を入力します。

    ここに入力する名前が vSphere インベントリに表示されます。

  6. NSX Manager アプライアンスのコンピュート リソースを選択します。
    • vCenter Server によって管理される ESXi ホストにインストールする場合は、NSX Manager アプライアンスを展開するホストを選択します。
    • スタンドアローンの ESXi ホストにインストールする場合は、NSX Manager アプライアンスを展開するホストを選択します。
  7. OVF テンプレートの詳細を確認します。
  8. 最適なパフォーマンスを維持するため、NSX Manager アプライアンス用のメモリを予約します。

    NSX Manager が効率的に動作するのに十分なメモリが確保されるように、予約を設定します。「NSX Manager 仮想マシンのシステム要件」を参照してください。

  9. NSX Manager アプライアンスのファイルを格納するデータストアを選択します。
  10. 各ソース ネットワークのターゲット ネットワークを選択します。
  11. NSX Manager のポート グループまたはインストール先ネットワークを選択します。
  12. NSX Manager システムの root、CLI 管理者、監査者のパスワードを入力します。
    パスワード強度の基準に準拠したパスワードを使用する必要があります。
    • 12 文字以上
    • 1 文字以上の小文字
    • 1 文字以上の大文字
    • 1 文字以上の数字
    • 1 文字以上の特殊文字
    • 5 文字以上の異なる文字
    • 辞書に登録されている単語が使われていない
    • パリンドローム(回文)になっていない
    • 使用できるモノトニックな文字シーケンスは 4 つ以下です。
  13. NSX Manager のホスト名を入力します。
    注: ホスト名は、有効なドメイン名にする必要があります。ドットで区切られたホスト名(ドメイン/サブドメイン)の各部分は、英字で始まっている必要があります。
  14. 仮想マシンのデフォルトの [NSX Manager] ロールを使用します。
    ドロップダウン メニューから [nsx-cloud-service-manager] ロールを選択して、 NSX Cloud アプライアンスをインストールします。
  15. デフォルト ゲートウェイ、管理ネットワークの IPv4、管理ネットワークのネットマスク、DNS および NTP の IP アドレスを入力します。
  16. SSH を有効にし、NSX Manager のコマンドラインに root の SSH ログインを許可します。
    デフォルトで、これらのオプションはセキュリティ上の理由から無効になっています。
  17. すべてのカスタム OVF テンプレートの仕様が正確であることを確認し、[終了] をクリックしてインストールを開始します。
    インストールには 7 ~ 8 分かかる場合があります。
  18. vSphere Client から NSX Manager 仮想マシン コンソールを開いて、起動プロセスを追跡します。
  19. NSX Manager が起動した後、admin として CLI にログインし、get interface eth0 コマンドを実行して、IP アドレスが想定どおりに適用されていることを確認します。
  20. get services コマンドを入力して、すべてのサービスが実行されていることを確認します。
    サービスが実行されていない場合は、すべてのサービスが実行を開始するまで待ちます。
    注: liagentmigration-coordinatorsnmp サービスは、デフォルトで実行していません。これらを開始するには、次の手順に従います。
    • start service liagent
    • start service migration-coordinator
    • SNMP:
      set snmp community <community-string>
      start service snmp
  21. NSX Manager に必要な接続があることを確認します。
    次のタスクを実行できることを確認します。
    • 別のマシンから NSX Manager に ping を実行します。
    • NSX Manager は、デフォルト ゲートウェイに ping を実行できます。
    • NSX Manager は、管理インターフェイスを使用して、NSX Manager と同じネットワーク上のハイパーバイザー ホストに ping を実行できます。
    • NSX Manager は、DNS サーバと NTP サーバに ping を実行できます。
    • SSH を有効にした場合は、SSH を使用して NSX Manager に接続できることを確認します。

    接続が確立されていない場合は、仮想アプライアンスのネットワーク アダプタが適切なネットワークまたは VLAN に配置されていることを確認します。

次のタスク

サポートされている Web ブラウザで NSX Manager にログインします。新しく作成された NSX Manager にログインします。を参照してください。