Migration Coordinator ツールは、展開された 1 台の NSX Manager アプライアンスのみと実行できます。ただし、NSX-T Data Center 環境を本番環境で使用する前に、2 台の NSX Manager アプライアンスを追加で展開してください。

重要: 移行する NSX for vSphere 環境には含まれていない ESXi ホストに NSX Manager アプライアンスをインストールします。

新しいノードを展開した後、これらのノードは親 NSX Manager ノードに接続されてクラスタを形成します。クラスタ化する NSX Manager ノードの推奨数は 3 です。

NSX Manager ノードのリポジトリに関するすべての詳細が、クラスタ内の新たに展開されたノードと同期します。

前提条件

  • NSX Manager ノードがインストールされていることを確認します。
  • コンピュート マネージャが設定されていることを確認します。コンピュート マネージャの追加 を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [概要] > [ノードの追加] を選択します。
  3. NSX Manager の共通属性の詳細を入力します。
    オプション 説明
    コンピュート マネージャ 登録されているリソースのコンピュート マネージャが表示されます。
    SSH の有効化 新しい NSX Manager ノードへの SSH ログインの許可をボタンで切り替えます。
    root アクセスの有効化 新しい NSX Manager ノードへの root アクセスの許可をボタンで切り替えます。
    CLI ユーザー名とパスワードの確認

    新しいノードの CLI パスワードとパスワードの確認を設定します。

    パスワード強度の基準に準拠したパスワードを使用する必要があります。
    • 12 文字以上
    • 1 文字以上の小文字
    • 1 文字以上の大文字
    • 1 文字以上の数字
    • 1 文字以上の特殊文字
    • 5 文字以上の異なる文字
    • 辞書に登録されている単語が使われていない
    • パリンドローム(回文)になっていない
    • 使用できるモノトニックな文字シーケンスは 4 つ以下です。

    CLI ユーザー名は admin に設定されています。

    root パスワードとパスワードの確認

    新しいノードの root パスワードとパスワードの確認を設定します。

    パスワード強度の基準に準拠したパスワードを使用する必要があります。
    • 12 文字以上
    • 1 文字以上の小文字
    • 1 文字以上の大文字
    • 1 文字以上の数字
    • 1 文字以上の特殊文字
    • 5 文字以上の異なる文字
    • 辞書に登録されている単語が使われていない
    • パリンドローム(回文)になっていない
    • 使用できるモノトニックな文字シーケンスは 4 つ以下です。
    DNS サーバ vCenter Server で使用可能な DNS サーバの IP アドレスを入力します。
    NTP サーバ NTP サーバの IP アドレスを入力します。
  4. NSX Manager ノードの詳細を入力します。
    オプション 説明
    名前 NSX Manager ノードの名前を入力します。
    クラスタ ドロップダウン メニューから、ノードが参加するクラスタを指定します。
    リソース プールまたはホスト ドロップダウン メニューから、ノードにリソース プールまたはホストのいずれかを割り当てます。
    データストア ドロップダウン メニューから、ノードのファイルのデータストアを選択します。
    ネットワーク ドロップダウン メニューからネットワークを割り当てます。
    管理 IP アドレス/ネットマスク IP アドレスとネットマスクを入力します。
    管理ゲートウェイ ゲートウェイの IP アドレスを入力します。
  5. (オプション) [ノードの作成] をクリックして別のノードを設定します。
    手順 3 ~ 4 を繰り返します。
  6. [終了] をクリックします。
    新しいノードが展開されます。展開のプロセスは、 [システム] > [概要] 画面または vCenter Server で追跡することができます。

    展開、クラスタの形成、およびリポジトリの同期には 最大で 10 分間かかることがあります。

  7. NSX Manager が起動した後、admin として CLI にログインし、get interface eth0 コマンドを実行して、IP アドレスが想定どおりに適用されていることを確認します。
  8. get services コマンドを入力して、すべてのサービスが実行されていることを確認します。
    サービスが実行されていない場合は、すべてのサービスが実行を開始するまで待ちます。
  9. NSX Manager ノードにログインし、get cluster status コマンドを入力して、ノードがクラスタに正常に追加されたことを確認します。
  10. NSX Manager に必要な接続があることを確認します。
    次のタスクを実行できることを確認します。
    • 別のマシンから NSX Manager に ping を実行します。
    • NSX Manager は、デフォルト ゲートウェイに ping を実行できます。
    • NSX Manager は、管理インターフェイスを使用して、NSX Manager と同じネットワーク上のハイパーバイザー ホストに ping を実行できます。
    • NSX Manager は、DNS サーバと NTP サーバに ping を実行できます。
    • SSH を有効にした場合は、SSH を使用して NSX Manager に接続できることを確認します。

    接続が確立されていない場合は、仮想アプライアンスのネットワーク アダプタが適切なネットワークまたは VLAN に配置されていることを確認します。