vCenter Server (vCenter Server) が失われ、バックアップが存在しないか、バックアップが破損しているなどの理由でリカバリができない場合は、vCenter Server を再度展開した後、次の手順で NSX-T をリカバリします。

新しい vCenter Server には、元の vCenter Server と同じ FQDN と IP アドレスを設定する必要があります。また、同じホストを含む同じクラスタが必要です。vCenter Server に追加するホストにパワーオン状態の仮想マシンがある場合は注意してください。これらが vCenter Server データセンターではなく、正しいクラスタに追加されていることを確認してください。

コンピュート マネージャ

NSX Manager で、古いコンピュート マネージャを削除します。次に、新しい vCenter Server をコンピュート マネージャとして追加します。

ホスト トランスポート ノード

NSX Manager で、ホストが正しい vCenter Server クラスタに表示されます。操作は必要ありません。

Edge ノード

NSX Manager UI から展開された Edge ノードを置き換える必要があります。

  1. Edge ノードを置き換えるには、NSX Manager ユーザー インターフェイスを使用した NSX Edge トランスポート ノードの置き換えの手順に従ってください。
  2. 新しい Edge 仮想マシンでゲートウェイ(または論理ルーター)とトンネルが構成されていることを確認します。
  3. [システム] > [ファブリック] > [Edge トランスポート ノード] の順に移動して、古い Edge ノードを削除します。Edge ノードを選択して、[アクション] > [削除] をクリックします。「パワーオフに失敗しました」などのエラーは無視できます。
  4. vCenter Server で、古い Edge 仮想マシンをパワーオフし、削除します。
  5. Edge ノードごとに上記の手順を繰り返します。

NSX Manager

NSX Manager UI から展開された NSX Manager は置き換える必要があります。通常、2 番目と 3 番目の NSX Manager はこの方法で展開されています。
  1. 最初の NSX Manager の UI にログインします。
  2. [システム] > [アプライアンス] の順に移動し、3 番目の NSX Manager を選択します。[アクション] > [削除] の順にクリックします。Manager の仮想マシンはパワーオフできないため、この操作は失敗します。ここでは強制削除オプションを使用します。[アクション] > [強制的に削除] の順に選択します。
  3. 強制削除が機能しない場合は、次の手順を行います。
    1. 最初の NSX Manager の CLI にログインします。
    2. get cluster status コマンドを実行し、3 番目の NSX Manager の UID を取得します。
    3. detach node <node-uid> コマンドを実行して、クラスタから 3 番目の NSX Manager を接続解除します。
    4. 次の API 呼び出しを実行して、3 番目の NSX Manager を強制的に削除します。
      POST : https://<nsx-manager-1>/api/v1/cluster/nodes/deployments/<node-uid>?action=delete&force_delete=true
  4. vCenter Server で、3 番目の NSX Manager をパワーオフして削除します。
  5. 3 番目の NSX Manager と同じ構成で新しい NSX Manager を展開します。
  6. 上記の手順を繰り返して、2 番目の NSX Manager を削除します。
  7. 2 つの新しい NSX Manager を展開します。