ポートとプロトコルにより、NSX-T Data Center でノード間の通信パスが使用可能になります。このパスはセキュリティで保護され、認証が行われます。また、資格情報の保管場所を使って相互認証が確立されます。

注:

物理およびホストの両方のハイパーバイザー ファイアウォールで、必要なポートとプロトコルが開いている必要があります。

デフォルトでは、すべての証明書が自己署名の証明書です。ノースバウンドのユーザー インターフェイス、API 証明書、プライベート キーは、CA 署名付きの証明書で置き換えることができます。

ループバックまたは UNIX ドメインのソケットを経由して通信する内部デーモンがあります。
  • KVM:MPA、netcpa、nsx-agent、OVS
  • ESXi:netcpa、ESX-DP(カーネル内)
注: NSX-T Data Center ノードにアクセスするには、これらのノードで SSH を有効にする必要があります。
NSX Cloud のメモ NSX Cloud を展開するために必要なポートのリストについては、 ポートとプロトコルへのアクセスの有効化を参照してください。