このセクションでは、ベアメタル コンテナ (BMC) 環境の NCP を 2.4.* を 2.5 にアップデートする方法について説明します。

  1. インストール ファイルをダウンロードします。
  2. 次のコマンドを実行して、NCP YAML ファイル ncp-openshift-bm.yaml で nsx-kube-proxy DaemonSet の部分をコメント行にします。
    head -n 1155 ncp-openshift-bm.yaml > ncp-openshift-bm-upgrade.yaml
    sed -n 1155,1297p ncp-openshift-bm.yaml > nsx-kube-proxy-bm-upgrade.yaml
  3. 古い NCP 環境を削除し、新しい new nsx-ncp イメージを使用して、ncp-openshift-bm.yaml を適用します。
    kubectl delete -f <old-ncp.yaml> -n nsx-system
    kubectl create -f ncp-openshift-bm-upgrade.yaml
  4. nsx-node-agent DaemonSet のローリング アップデートを実行します。
    kubectl set image ds nsx-node-agent -n nsx-system nsx-node-agent=<image>
    kubectl set image ds nsx-node-agent -n nsx-system nsx-kube-proxy=<images>
    kubectl rollout status ds/nsx-node-agent -n nsx-system
  5. NSX-T をアップデートします。

    NSX-T のアップデート後、nsx-node-agent ポッドがクラッシュします。nsx-node-agent は次の手順で削除されるため、これは無視してかまいません。

  6. 環境から nsx-node-agent DaemonSet を削除し、手順 2 で作成した yaml ファイルを使用して新しい nsx-kube-proxy DaemonSet を作成します。
    kubectl delete ds nsx-node-agent -n nsx-system
    kubectl create -f nsx-kube-proxy-bm-upgrade.yaml -n nsx-system