ここでは、Octavia を使用して NSX-T Data Center ロード バランサで OpenStack を使用するように設定する手順について説明します。

同じ手順で NSX-T Policy と NSX-T Manager の両方のプラグインを設定できます。

Octavia ロード バランサ サービスの概要については、Octavia の公式ドキュメントを参照してください。

手順

  1. /etc/neutron/neutron.conf で、NSX-T Data Center のロード バランシング サービス プラグインが設定されていないことを確認します。service_plugins リストに vmware_nsx_lbaasv2 がないことを確認します。neutron.conf ファイルへの変更が完了したら、neutron サービスを再起動します。
  2. /etc/octavia/octavia.conf で、次の項目を指定します。
    1. [Api_settings] 設定に default_provider_driver = vmwareedge enabled_provider_drivers = vmwareedge:NSX を追加し、NSX-T プロバイダを指定します。
    2. [oslo_messaging] セクションで、neutron プロセス空間で実行される Octavia と NSX-T ドライバ間の通信トピックを指定します。
  3. Octavia API サービスを再起動します。