NSX-T Data Center 2.4 リリースでは、NSX Policy ManagerNSX Manager に統合されます。NSX Policy Manager 2.3 で定義したポリシーを使用するには、ポリシーを NSX-T Data Center 2.5 に移行します。

前提条件

NSX 管理プレーンが正常にアップグレードされていることを確認します。2.3.x から NSX-T Data Center 2.5 への管理プレーンのアップグレード を参照してください。

注: この手順は、NSX Policy Manager 2.3 からのアップグレードにのみ適用されます。

手順

  1. NSX Policy Manager アプライアンスをアップグレードします。
    1. アップグレード用の nub を見つけます。
      http://<NSX_Manager_IP>:8080/repository/<Target_Upgrade_BUILD_Number_of_NSX_T>/Manager/nub/VMware-NSX-unified-appliance-<TO_BUILD_Number_of_NSX_Unified_Appliance>.nub

      TO_BUILD_Number_of_NSX_Unified_Appliance を検索するには、NSX Manager のコマンドラインから get version を実行します。

    2. nub を NSX Policy Manager アプライアンスにコピーします。
      copy url <url_to_upgrade_nub>
    3. アップグレード バンドルを確認します。
      verify upgrade-bundle <BUNDLE_NAME>
    4. Policy Playbook を使用して、アップグレードを開始します。
      start upgrade-bundle <BUNDLE_NAME> playbook <POLICY_PLAYBOOK_NAME>
    再起動後、 /var/log/resume-upgrade.log ファイルでアプライアンスのアップグレード ステータスを確認します。
  2. アップグレードされた NSX Policy Manager のバックアップ コピーを作成します。
    1. API 呼び出しを使用してバックアップ プロセスを設定します。
      PUT https://<policy-mgr>/policy/api/v1/cluster/backups/config

      NSX-T Data Center API ガイド』の「バックアップの設定」を参照してください。

    1. API 呼び出しを使用して、バックアップ プロセスを開始します。
      POST https://<policy-mgr>/policy/api/v1/cluster?action=backup_to_remote

      NSX-T Data Center API ガイド』の「1 回限りのバックアップの要求」を参照してください。

    NSX-T Data Center 2.4 リリースでは、 NSX Policy ManagerNSX Manager に統合されます。
  3. アップグレードされた NSX Manager にポリシー データをリストアします。
    NSX-T Data Center 管理ガイド』の「 バックアップのリストア」を参照してください。