Edge ブリッジ プロファイルを使用すると、NSX Edge クラスタが論理スイッチへのレイヤー 2 ブリッジを提供できるようになります。

Edge ブリッジ プロファイルを作成するときに、フェイルオーバー モードをプリエンプティブに設定すると、フェイルオーバーの発生時にスタンバイ ノードがアクティブ ノードになります。障害が発生したノードが復旧すると、再びアクティブ ノードになります。フェイルオーバー モードを非プリエンプティブに設定した場合、フェイルオーバー発生時にスタンバイ ノードがアクティブ ノードになります。障害が発生したノードが復旧すると、そのノードはスタンバイ ノードになります。スタンバイ Edge ノードで CLI コマンド set l2bridge-port <uuid> state active を実行することにより、スタンバイ Edge ノードをアクティブ ノードに手動で設定できます。このコマンドは、非プリエンプティブ モードでのみ適用できます。それ以外の場合、エラーが発生します。非プリエンプティブ モードでスタンバイ ノードに適用すると、このコマンドにより HA フェイルオーバーがトリガーされます。アクティブ ノードに適用すると、このコマンドは無視されます。詳細については、『 NSX-T Data Center Command-Line Interface Reference』を参照してください。

前提条件

  • 2 台の NSX Edge トランスポート ノードを持つ NSX Edge クラスタがあることを確認します。

手順

  1. [システム] > [ファブリック] > [プロファイル] > [Edge ブリッジ プロファイル] > [追加] を選択します。
  2. Edge ブリッジ プロファイルの名前と、必要に応じて説明を入力します。
  3. NSX Edge クラスタを選択します。
  4. プライマリ ノードを選択します。
  5. バックアップ ノードを選択します。
  6. フェイルオーバー モードを選択します。
    [プリエンプティブ] および [非プリエンプティブ] のオプションがあります。
  7. [追加] ボタンをクリックします。

次のタスク

これで、論理スイッチをブリッジ プロファイルに関連付けることができます。