Linux ワークロード仮想マシンに NSX Tools をインストールするには、次の手順に従います。

現在サポートされている Linux ディストリビューションについては、現在サポートされているワークロード仮想マシンのオペレーティング システム の一覧を参照してください。

注: このスクリプトのチェックサムを確認するには、 [VMware ダウンロード] > [ドライバ & ツール] > [NSX Cloud スクリプト] の順に移動します。

前提条件

NSX Tools のインストール スクリプトを実行するには、次のコマンドが必要です。

  • [wget]
  • [nslookup]
  • [dmidecode]

手順

  1. CSM にログインし、パブリック クラウドに移動します。
    1. AWS を使用している場合は、[クラウド] > [AWS] > [VPC] の順に移動します。中継 VPC またはコンピュート VPC をクリックします。
    2. Microsoft Azure を使用している場合は、[クラウド] > [Azure] > [VNet] の順に移動します。1 つまたはペアの PCG が展開され、実行されている VNet をクリックします。
    [注]:トランジット VPC/VNet では、1 つまたはペアの PCG が展開され、実行されます。コンピュート VPC/VNet は中継 VPC/VNet にリンクされたもので、そこに展開されている PCG インスタンスを使用できます。
  2. 画面の [NSX Tools のダウンロードとインストール] セクションから、[Linux][ダウンロード場所][インストール コマンド] を書き留めます。
    注: VNet の場合、インストール コマンドの DNS サフィックスは、 PCG の展開時に選択した DNS 設定と一致するように動的に生成されます。トランジット VNet では、 -dnsServer <dns-server-ip> パラメータはオプションです。コンピュート VNet では、DNS フォワーダの IP アドレスを指定してこのコマンドを完了する必要があります。
  3. スーパー ユーザー権限で Linux ワークロード仮想マシンにログインします。
  4. wget または相当するコマンドを使用して、CSM で書き留めた [ダウンロードの場所] から Linux 仮想マシンにインストール スクリプトをダウンロードします。wget コマンドを実行したディレクトリに、インストール スクリプトがダウンロードされます。
    注: このスクリプトのチェックサムを確認するには、 [VMware ダウンロード] > [ドライバ & ツール] > [NSX Cloud スクリプト] の順に移動します。
  5. 必要に応じて、インストール スクリプトの権限を変更して実行可能にし、実行します。
    $ chmod +x install_nsx_vm_agent.sh && sudo ./install_nsx_vm_agent.sh 
    
    [注: ]Red Hat Enterprise Linux とその派生製品で、SELinux はサポートされません。 NSX Tools をインストールするには、SELinux を無効にします。
  6. NSX Tools のインストールが開始すると、Linux 仮想マシンとの接続が失われます。次のようなメッセージが画面に表示されます: Installation completed!!! Starting NSX Agent service. SSH connection will now be lost.。オンボーディング プロセスを完了するには、仮想マシンに再度ログインします。

結果

NSX Tools がワークロード仮想マシンにインストールされます。

注:
  • NSX Tools が正常にインストールされた後、ポート 8888 はワークロード仮想マシンでは開いていると表示されますが、アンダーレイ モードの仮想マシンではブロックされていると表示されます。このポートは、高度なトラブルシューティングで必要な場合にのみ使用してください。 ジャンプホストがアクセスするワークロード仮想マシンと同じ VPC にある場合は、ジャンプホストを使用してポート 8888 経由でワークロード仮想マシンにアクセスできます。
  • スクリプトは、デフォルトのインターフェイスとして eth0 を使用します。

次のタスク

NSX 強制モード での仮想マシンの管理