N-VDS をホスト スイッチとして使用している場合、vCenter ServerNSX-T は不透明なネットワークとして表示されます。N-VDS はトランスポート ノード上で 1 つ以上の物理インターフェイス(物理 NIC)を所有し、ポート構成が NSX-T Data Center から実行されます。NSX-T Data Center 3.0.2 以降では、ホスト スイッチを vSphere Distributed Switch (VDS) 7.0 に移行し、物理 NIC の使用状況を最適化できます。また、vCenter Server から NSX-T ホストのネットワークを管理できます。VDS スイッチで NSX-T を実行すると、セグメントは NSX 分散仮想ポート グループとして表示されます。NSX-T ネットワークのセグメントに対する変更は、vCenter Server で同期されます。

前提条件

VDS 7.0 への移行による影響を評価するには、VMware のサポートにお問い合わせください。

VDS 7.0 ホスト スイッチに移行するには、次の要件を満たす必要があります。

  • vCenter Server 7.0 以降
  • ESXi 7.0 以降
  • 移行後、NSX-T は不透明なネットワークとして表示されなくなります。移行後の NSX-T ホストの表示を管理するため、スクリプトの更新が必要になる場合があります。

手順

  1. API 呼び出しを使用してホスト スイッチを移行するか、CLI から移行コマンドを実行します。
    • 移行を実行するには、次の API 呼び出しを行います。
      1. ホストの移行準備ができていることを確認するには、次の API 呼び出しを行い、事前チェックを実行します。
        POST https://{{NSX Manager-IP}}/policy/api/v1/nvds-urt/precheck

        応答例:

        { "precheck_id": "166959af-7f4b-4d49-b294-907000eef889" }
      2. 設定に不整合がある場合は、それを解決して事前チェックを再度実行します。
      3. 事前チェックの状態を確認します。
        POST https://{{NSX Manager-IP}}/policy/api/v1/nvds-urt/status-summary/<precheck-id>

        応答例:

        {
          "precheck_id": "166959af-7f4b-4d49-b294-907000eef889",
          "precheck_status": "PENDING_TOPOLOGY"
        }
      4. ステートレス ホストの場合は、ホストの 1 つをソース ホストとして指名し、移行を開始します。
      5. 推奨トポロジを取得するには、次の API 呼び出しを行います。
        GET https://<nsx-ip>/api/v1/nvds-urt/topology/<precheck-id>

        応答例:

        {
          "topology": [
            {
              "nvds_id": "21d4fd9b-7214-46b7-ab16-c4e7138f011f",
              "nvds_name": "nsxvswitch",
              "compute_manager_topology": [
                {
                  "compute_manager_id": "fa1421d9-54a7-418e-9e18-7d0ff0d2f771",
                  "dvswitch": [
                    {
                      "data_center_id": "datacenter-3",
                      "vds_name": "CVDS-nsxvswitch-datacenter-3",
                      "vmknic": [
                        "vmk1"
                      ],
                      "transport_node_id": [
                        "4a6161af-7eec-4780-8faf-0e0610c33c2e",
                        "5a78981a-03a6-40c0-8a77-28522bbf07a9",
                        "f9c6314d-9b99-48aa-bfc8-1b3a582162bb"
                      ]
                    }
                  ]
                }
              ]
            }
          ]
        }
      6. 推奨トポロジを使用して VDS を作成するには、次の API 呼び出しを行います。
        POST https://{{NSX Manager-IP}}/policy/api/v1/nvds-urt/topology?action=apply

        VDS の名前を変更することもできます。指定した名前の VDS がすでに存在する場合は、既存の VDS が使用されます。

        入力例:

        {
          "topology": [
            {
              "nvds_id": "c8ff4053-502a-4636-8a38-4413c2a2d52f",
              "nvds_name": "nsxvswitch",
              "compute_manager_topology": [
                {
                  "compute_manager_id": "fa1421d9-54a7-418e-9e18-7d0ff0d2f771",
                  "dvswitch": [
                    {
                      "data_center_id": "datacenter-3",
                      "vds_name": "test-dvs",
                      "transport_node_id": [
                        "65592db5-adad-47a7-8502-1ab548c63c6d",
                        "e57234ee-1d0d-425e-b6dd-7dbc5f6e6527",
                        "70f55855-6f81-45a8-bd40-d8b60ae45b82"
                      ]
                    }
                  ]
                }
              ]
            }
          ]
        }
      7. 移行の状態を追跡するには、次の API 呼び出しを行います。
        POST https://{{NSX Manager-IP}}/policy/api/v1/nvds-urt/status-summary/<precheck-id>

        ホストが移行可能な状態になると、precheck_statusAPPLYING _TOPOLOGY から UPGRADE_READY に変わります。

        API パラメータの詳細については、『NSX-T Data Center API ガイド』を参照してください。

      8. ESXi ホストをメンテナンス モードにして、パワーオフ状態の仮想マシンを退避します。ステートレス ホストの場合は、対象となるソース ホストを再起動します。
      9. N-VDS から VDS への移行を開始するには、次の API 呼び出しを行います。
        POST https://{{NSX Manager-IP}}/policy/api/v1/transport-nodes/<tn-id>?action=migrate_to_vds

        ホストは非同期で移行されます。必要な一連のホストに API 呼び出しを実行することで、複数のトランスポート ノードを並行してアップグレードできます。移行プロセスでは、DRS などのサービスが想定どおり動作を継続します。

      10. 移行の状態を追跡するには、次の API 呼び出しを行います。
        POST https://{{NSX Manager-IP}}/policy/api/v1/nvds-urt/status-summary/<precheck-id>

        移行が正常に完了すると、host migration_stateUPGRADE_IN_PROGRESS から SUCCESS に変わります。

        応答例:

        {
          "precheck_id": "c306e279-8b75-4160-919c-6c40030fb3d0",
          "precheck_status": "READY",
          "migration_state": [
            {
              "host": "65592db5-adad-47a7-8502-1ab548c63c6d",
              "overall_state": "UPGRADE_READY"
            },
            {
              "host": "e57234ee-1d0d-425e-b6dd-7dbc5f6e6527",
              "overall_state": "UPGRADE_READY"
            },
            {
              "host": "70f55855-6f81-45a8-bd40-d8b60ae45b82",
              "overall_state": "SUCCESS"
            }
          ]
        }

        障害が発生すると、overall_stateFAILED に変わり、移行失敗の原因が示されます。migrate_to_vds アクションを実行して、移行タスクを再度実行します。

      11. ステートレス ホストの場合:
        1. 移行済みのホストから新しいホスト プロファイルを抽出して、クラスタに適用します。
        2. クラスタ内の残りのホストを再起動します。
    • NSX Manager CLI から移行を実行します。
      1. ホストの移行準備ができていることを確認するには、次のコマンドを実行して事前チェックを実行します。
        vds-migrate precheck

        出力例:

         Precheck Id: 0a26d126-7116-11e5-9d70-feff819cdc9f
      2. 設定に不整合がある場合は、それを解決して事前チェックを再度実行します。
      3. 推奨トポロジを取得するには、次のコマンドを実行します。
        vds-migrate show-topology

        出力例:

        Precheck Id: 137d2a87-0544-4914-829d-d8b7e33b13f2
               NVDS: nvds1(19cca902-9455-4316-92e2-65f4f5b4b138)                          
               Compute Manager Topology:                                                  
               [                                                                          
                   {                                                                      
                       "compute_manager_id": "fd37ed6e-0eae-4d65-b29a-d40eee1d5d47",      
                       "dvswitch": [                                                      
                           {                                                              
                               "transport_node_id": [                                     
                                   "4d011ade-a010-4eea-b45a-b2569c0bb9ad"                 
                               ],                                                         
                               "data_center_id": "datacenter-3",                          
                               "vmknic": [],                                              
                               "vds_name": "CVDS-nvds1-datacenter-3"                      
                           }                                                              
                       ]                                                                  
                   }                                                                      
               ]
      4. 推奨トポロジを使用して VDS を作成するには、次のコマンドを実行します。
        vds-migrate apply-topology
      5. vCenter Server にログインして、VDS が作成されていることを確認します。
      6. N-VDS から VDS への移行を開始するには、次のコマンドを実行します。
        vds-migrate esxi-cluster-name <cluster-name>

        出力例:

         VDS Migration Done:                                                     
           3 Transport-Nodes Migrate Successfully          
           0 Transport-Nodes Migrate Failed

        トランスポート ノード ID を使用して移行を開始することもできます。

        vds-migrate tn-list <file-path>

        <file-path> には、トランスポート ノード ID が含まれます。

        出力例:

        nsx-manager-1> vds-migrate tn-list /opt/tnid
               VDS Migration Done:
               3 Transport-Nodes Migrate Successfully
               0 Transport-Nodes Migrate Failed
  2. 移行済みのホストのメンテナンス モードを終了します。