Tier-0 論理ルーターに転送タイマーを設定できます。

転送タイマーは、最初の BGP セッションが確立してからルーターが通知を送信するまでの時間を秒単位で定義します。このタイマー(以前の転送遅延)により、動的ルーティング (BGP) を使用する NSX Edge でアクティブ/アクティブ構成またはアクティブ/スタンバイ構成の論理ルーターがフェイルオーバーした場合に、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。ここには、最初の BGP/BFD セッション後に外部ルーター (TOR) がすべてのルートを通知するまでの秒数を設定する必要があります。タイマー値は、ルーターが学習するノースバウンドの動的ルートの数に比例します。Edge ノードが 1 台の場合には、このタイマーは 0 に設定する必要があります。

前提条件

NSX Manager ユーザー インターフェイスで [マネージャ] モードが選択されていることを確認します。NSX Manager を参照してください。[ポリシー] モード ボタンと [マネージャ] モード ボタンが表示されない場合は、ユーザー インターフェイスの設定を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [Tier-0 論理ルーター] の順に選択します。
  3. Tier-0 論理ルーターを選択します。
  4. [ルーティング] > [グローバル設定] の順に選択します。
  5. [編集] をクリックします。
  6. 転送タイマーの値を入力します。
  7. [保存] をクリックします。