ループバック ポートを Tier-0 論理ルーターに追加できます。

ループバック ポートは次の目的で使用できます。

  • ルーティング プロトコルのルーター ID
  • NAT
  • BFD
  • ルーティング プロトコルの送信元のアドレス

前提条件

NSX Manager ユーザー インターフェイスで [マネージャ] モードが選択されていることを確認します。NSX Manager を参照してください。[ポリシー] モード ボタンと [マネージャ] モード ボタンが表示されない場合は、ユーザー インターフェイスの設定を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [Tier-0 論理ルーター] の順に選択します。
  3. Tier-0 論理ルーターを選択します。
  4. [設定] > [ルーター ポート] の順に選択します。
  5. [追加] をクリックします。
  6. 名前を入力します。必要に応じて説明も入力します。
  7. [ループバック] タイプを選択します。
  8. Edge トランスポート ノードを選択します。
  9. IP アドレスを CIDR 形式で入力します。

結果

Tier-0 ルーターに新しいアップリンク ポートが追加されます。