論理ルーター インターフェイスで IPv6 を使用する場合、IP アドレスの割り当てにステートレス アドレスの自動設定 (SLAAC) を設定できます。SLAAC では、ルーターのアドバタイズを介して、ローカル ネットワーク ルーターからアドバタイズされたネットワーク プリフィックスに基づいてホストのアドレス指定を行います。重複アドレス検出 (DAD) により、IP アドレスの一意性が保証されます。

前提条件

[ネットワーク] > [ネットワーク設定] の順に移動し、[グローバル ゲートウェイ設定] タブをクリックして、[L3 転送モード] として IPv4 と IPv6 を選択します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [Tier-0 ゲートウェイ] の順に選択します。
  3. Tier-0 ゲートウェイを編集するには、メニュー アイコン(3 つのドット)をクリックして [編集] を選択します。
  4. [追加設定] をクリックします。
  5. [ND プロファイル ](SLAAC プロファイル)を作成するには、メニュー アイコン(3 つのドット)をクリックして、[新規作成] を選択します。
    1. プロファイルの名前を入力します。
    2. モードを選択します。
      • [無効]:ルーター アドバタイズ メッセージが無効になります。
      • [SLAAC (RA を介した DNS)]:ルーター アドバタイズ メッセージを使用して、アドレスと DNS 情報が生成されます。
      • [SLAAC (DHCP を介した DNS)]:ルーター アドバタイズ メッセージを使用してアドレスが生成され、DHCP サーバにより DNS 情報が生成されます。
      • [DHCP (DHCP を介したアドレスと DNS)]:DHCP サーバによってアドレスと DNS 情報が生成されます。
      • [SLAAC(DHCP を介したアドレスと DNS)]:アドレスと DNS 情報が DHCP サーバによって生成されます。このオプションは NSX Edge のみでサポートされます。KVM ホストまたは ESXi ホストではサポートされません。
    3. ルーター アドバタイズ メッセージの到達可能時間と再転送間隔を入力します。
    4. ドメイン名を入力し、ドメイン名の有効期間を指定します。これらの値はSLAAC (RA を介した DNS) モードの場合にのみ入力してください。
    5. DNS サーバを入力し、DNS サーバの有効期間を指定します。これらの値はSLAAC (RA を介した DNS) モードの場合にのみ入力してください。
    6. ルーター アドバタイズの値を入力します。
      • [RA の間隔]:連続するルーター アドバタイズ メッセージの送信間隔。
      • [ホップ制限]:アドバタイズされたルートの有効期間。
      • [ルーターの有効期間]:ルーターの有効期間。
      • [プリフィックスの有効期限]:プリフィックスの有効期間(秒)。
      • [プリフィックスの優先時間]:有効なアドレスが優先される時間。
  6. [DAD プロファイル ] を作成するには、メニュー アイコン(3 つのドット)をクリックして、[新規作成] を選択します。
    1. プロファイルの名前を入力します。
    2. モードを選択します。
      • [Loose]:重複アドレスの通知は受信しますが、検出された重複アドレスに対して何も行いません。
      • [Strict]:重複アドレスの通知を受信します。重複アドレスは使用不能になります。
    3. [待機時間 (秒)] に、NS パケット間の間隔を指定します。
    4. [待機時間 (秒)] で定義された間隔で、重複アドレスの検出に使用する NS パケットの数を [NS 再試行回数] に入力します。