ゲートウェイ ファイアウォールでログが有効になっている場合、ゲートウェイ ファイアウォール パケットがログに記録されます。

ログ ファイルは /var/log/syslog です。ログ メッセージは Syslog 形式に準拠し、Syslog ヘッダーとファイアウォール固有の情報から構成されます。Syslog の詳細については、ログ メッセージとエラー コードを参照してください。

ログ メッセージでファイアウォール固有の部分は次のフィールドです。

フィールド 注:
<VRF ID and interface UUID> これはインターフェイスに関する情報です。CLI コマンドで取得できます。次はその例です。
edge-1> get firewall interfaces 
Interface           : 55f1af2f-4875-44e9-b0e0-59132ad7753d
Type                : UPLINK
Sync enabled        : true
Name                : Uplink_40_1
VRF ID              : 1
...
アドレス ファミリ 可能な値:INETINET6
原因 可能な値:
  • match:パケットがルールと一致します。
  • fragment:最初のフラグメントの後にあるフラグメント。
  • short:パケットが短すぎます(たとえば、IP ヘッダーや TCP/UDP ヘッダーがありません)。
  • normalize:正しいヘッダーまたはペイロードなしの不正なパケットです。
  • memory:データパスでメモリが不足しています。
  • ip-option:無効な IP オプションが存在します。
  • TERM:接続が切断されました。
アクション 可能な値:
  • PASS:パケットを受け入れます。
  • DROP:パケットをドロップします。
  • NAT:SNAT
  • RDR:DNAT
  • PBR:サービス挿入。
  • LB:ロード バランサ。
ルール ID ファイアウォール ルール ID。
方向 可能な値:INOUT
パケット長 長さ(バイト)。
プロトコル 可能な値:TCPUDP、または PROTO(プロトコル番号)

TCP セッションの理由が TERM の場合、キーワード TCP の後に接続終了の理由が示されます。考えられる原因は、RST(TCP RST パケット)、FIN(TCP FIN パケット)、TIMEOUT(長時間のアイドル状態)です。TCP 以外の接続(UDP、ICMP または他のプロトコル)の場合、接続終了の原因は TIMEOUT だけです。

送信元の IP アドレスおよびポート SNAT の場合、これは変換前のアドレスです。
宛先の IP アドレスおよびポート DNAT の場合、これは変換前のアドレスです。
TCP のゲートウェイ ファイアウォールのログ メッセージの例:
<181>1 2020-09-21T22:14:12.080427+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET reason-match PASS 1005 OUT 60 TCP 1.1.1.10/45120->91.189.92.38/443 S

<181>1 2020-09-21T22:14:19.963758+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET TERM PASS 1005 OUT TCP 1.1.1.10/45120->91.189.92.38/443
UDP のゲートウェイ ファイアウォールのログ メッセージの例:
<181>1 2020-09-21T22:05:05.686346+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET reason-match PASS 1005 IN 328 UDP 40.40.40.10/60613->1.1.1.10/42917

<181>1 2020-09-21T22:05:48.301116+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET TERM PASS 1005 IN UDP 40.40.40.10/60613->1.1.1.10/42917
PROTO のゲートウェイ ファイアウォールのログ メッセージの例:
<181>1 2020-09-21T21:54:38.047682+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET reason-match PASS 1005 IN 84 PROTO 1 40.40.40.10->1.1.1.10

<181>1 2020-09-21T21:54:45.036957+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET TERM PASS 1005 IN PROTO 1 40.40.40.10->1.1.1.10
SNAT のゲートウェイ ファイアウォールのログ メッセージの例:
<181>1 2020-09-21T22:57:24.203037+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET reason-match PASS 1005 OUT 60 TCP 1.1.2.10/49974->40.40.40.10/22 S

<181>1 2020-09-21T22:57:24.203615+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET reason-match NAT 536870914 OUT 60 TCP 2.2.2.10/37305-OR 1.1.2.10/49974->40.40.40.10/22 S

<181>1 2020-09-21T22:57:32.125757+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET TERM NAT 536870914 OUT TCP 2.2.2.10/37305-OR 40.40.40.10/22->1.1.2.10/49974
DNAT のゲートウェイ ファイアウォールのログ メッセージの例:
<181>1 2020-09-21T22:49:00.978192+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET reason-match RDR 536870913 IN 60 TCP 40.40.40.10/40082->10.10.10.1/22-OR 1.1.1.10/22 S

<181>1 2020-09-21T22:50:01.915154+00:00 lur-svc.nsxedge-ob-16404613-1-gdefw NSX 2802 FIREWALL [nsx@6876 comp="nsx-edge" subcomp="datapathd.firewallpkt" level="INFO"] <1 55f1af2f487544e9:b0e059132ad7753d> INET TERM RDR 536870913 IN TCP 40.40.40.10/40082->10.10.10.1/22-OR 1.1.1.10/22