フェデレーション に、リモート トンネル エンドポイント (RTEP)、範囲、リージョンなどの新しい用語と概念が導入されました。

フェデレーション システム:グローバル マネージャローカル マネージャ

フェデレーション環境には、次の 2 種類の管理システムがあります。
  • グローバル マネージャ:複数のローカル マネージャと連携する NSX Manager のようなシステム。

  • ローカル マネージャ:1 つの場所に対してネットワーク サービスとセキュリティ サービスを提供する NSX Manager システム。

フェデレーションの範囲:ローカルと拡張

グローバル マネージャ では、1 つ上の場所にまたがるネットワーク オブジェクトを作成できます。
  • ローカル:オブジェクトは 1 つの場所にのみ存在します。
  • 拡張:オブジェクトは複数の場所にまたがっています。

セグメントの範囲を直接設定することはできません。セグメントの範囲は、接続先のゲートウェイと同じになります。

フェデレーション リージョン

セキュリティ オブジェクトには 1 つの領域があります。リージョンは次のいずれかになります。
  • 場所:それぞれの場所にリージョンが自動的に作成されます。このリージョンの範囲には、その場所の範囲が設定されます。
  • グローバル:使用可能なすべての場所の範囲を含むリージョン。
  • カスタム リージョン:使用可能な場所のサブセットを含むリージョンを作成できます。

フェデレーション トンネル エンドポイント

フェデレーション環境には、2 種類のトンネル エンドポイントがあります。
  • トンネル エンドポイント (TEP):場所内の Geneve カプセル化に使用されるトランスポート ノード(Edge ノードまたはホスト)の IP アドレス。
  • リモート トンネル エンドポイント (RTEP):複数の場所にわたる Geneve カプセル化に使用されるトランスポート ノード(Edge ノードのみ)の IP アドレス。