ネットワークに複数の DHCP サーバ プロファイルを追加できます。また、1 つの DHCP サーバ プロファイルを複数の DHCP サーバに適用することもできます。

前提条件

  • ネットワークに Edge ノードが展開されている。
  • ネットワークに Edge クラスタが追加されている。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [IP 管理] > [DHCP] の順に選択します。
  3. [DHCP プロファイルの追加] をクリックします。
  4. DHCP サーバ プロファイルの一意の名前を入力します。
  5. [プロファイル タイプ] ドロップダウン メニューで、[DHCP サーバ] を選択します。
  6. (オプション) DHCP サーバの IP アドレスを CIDR 形式で入力します。
    注: 最大で 2 つの DHCP サーバ IP アドレスがサポートされます。1 つの IPv4 アドレスと 1 つの IPv6 アドレスを入力できます。IPv4 アドレスの場合、プリフィックス長は 30 以下にする必要があります。IPv6 アドレスの場合、プリフィックス長は 126 以下にする必要があります。DHCP サーバの IP アドレスは、DHCP 範囲および DHCP 静的割り当てで使用されているアドレスと重複しないようにする必要があります。

    サーバの IP アドレスを指定しないと、DHCP サーバに 100.96.0.1/30 が自動的に割り当てられます。

    サーバの IP アドレスに次のものを使用することはできません。
    • マルチキャスト IP アドレス
    • ブロードキャスト IP アドレス
    • ループバック IP アドレス
    • 未指定の IP アドレス(すべて 0 のアドレス)
  7. (オプション) リース時間を秒単位で編集します。デフォルト値は 86400 です。
    有効な値は 60 ~ 4294967295 の範囲です。
  8. Edge クラスタを選択します。
    次のガイドラインに従ってください。
    • セグメントでローカル DHCP サーバを使用している場合は、DHCP サーバ プロファイルで Edge クラスタを選択する必要があります。プロファイルで Edge クラスタが使用できない場合、セグメントを保存するときにエラー メッセージが表示されます。
    • セグメントでゲートウェイ DHCP サーバを使用している場合は、ゲートウェイ、DHCP サーバ プロファイルまたはその両方で Edge クラスタを選択します。プロファイルまたはゲートウェイで Edge クラスタが使用できない場合、セグメントを保存するときにエラー メッセージが表示されます。
    注意: DHCP サーバの作成後、プロファイルの Edge クラスタを変更できます。ただし、この操作を行うと、DHCP クライアントに割り当てられているすべての DHCP リースが失われます。

    DHCP ローカル サーバを使用するセグメントに DHCP サーバ プロファイルが適用されている場合、DHCP プロファイルで指定した Edge クラスタに DHCP サービスが作成されます。ただし、セグメントがゲートウェイ DHCP サーバを使用している場合、いくつかの要素の組み合わせによって、DHCP サービスが作成される Edge クラスタが決まります。DHCP サービスの Edge クラスタの選択方法については、シナリオ:DHCP サービスの Edge クラスタの選択を参照してください。

  9. (オプション) [Edge] の横にある [設定] をクリックし、DHCP サービスを実行する優先 Edge ノードを選択します。
    優先 Edge ノードを選択するには、Edge クラスタを選択する必要があります。最大で 2 つの優先 Edge ノードを選択できます。次の表に、DHCP HA が構成される場合のシナリオについて説明します。
    シナリオ DHCP HA
    Edge クラスタから優先 Edge ノードが選択されていない。

    DHCP HA が構成されています。Edge クラスタで使用可能なノードから、アクティブとスタンバイの Edge ノードのペアが自動的に選択されます。

    Edge クラスタから優先 Edge ノードが 1 つだけ選択されている。

    DHCP サーバが HA サポートなしで実行されます。

    Edge クラスタから 2 つの優先 Edge ノードが選択されている。

    DHCP HA が構成されています。最初に追加した Edge ノードがアクティブ Edge になり、2 つ目の Edge ノードがスタンバイ Edge になります。

    アクティブ Edge はシーケンス番号 1 で、スタンバイ Edge はシーケンス番号 2 で示されます。

    アクティブ Edge とスタンバイ Edge は入れ替えることができます。たとえば、現在のアクティブ Edge をスタンバイに変更するには、アクティブ Edge を選択して下矢印をクリックします。パッシブ Edge を選択し、上矢印をクリックしてアクティブにすることもできます。いずれの場合も、シーケンス番号は逆になります。

    DHCP サーバの作成後、DHCP サーバ プロファイルで優先 Edge ノードを変更できます。ただし、この操作を行う場合は注意が必要です。

    たとえば、DHCP プロファイルで Edge クラスタに N1、N2、N3、N4 の 4 つの Edge ノードが定義され、N1 と N2 を優先 Edge ノードとして選択したとします。N1 がアクティブ Edge で、N2 がスタンバイ Edge です。DHCP サービスはアクティブ Edge ノード N1 で実行されています。DHCP サーバは、セグメントの DHCP クライアントにリースの割り当てを開始しています。

    シナリオ DHCP サービスへの影響
    優先 Edge ノード N1 と N2 を削除し、新しい優先 Edge ノードとして N3 と N4 を追加する。

    優先 Edge の交換で現在の DHCP リースが失われることを示す警告メッセージが表示されます。この操作を行うと、ネットワーク接続が切断される可能性があります。

    一度に 1 つの Edge ノードを交換することで、接続の切断を防ぐことができます。

    優先 Edge の N1 と N2 を削除し、優先 Edge ノードのリストを空にする。

    DHCP サーバは Edge ノード N1 と N2 に残ります。DHCP リースが維持されます。DHCP クライアントのネットワーク接続が失われることはありません。

    N1 または N2 のいずれかの優先 Edge を削除する。

    N1 または N2 のいずれかの優先 Edge を削除すると、もう一方の Edge が DHCP クライアントに IP アドレスを提供します。DHCP リースが維持されます。DHCP クライアントでネットワーク接続が失われることはありません。ただし、DHCP HA サポートは失われます。

    DHCP HA を維持するには、Edge クラスタで削除した Edge を別の Edge ノード(N3 または N4)で置き換える必要があります。

  10. (オプション) [タグ] ドロップダウン メニューで、タグ名を入力します。完了したら [アイテムを追加] をクリックします。
    タグ名の最大長は 256 文字です。

    タグがインベントリに存在する場合は、使用可能なすべてのタグとその範囲が [タグ] ドロップダウン メニューに表示されます。使用可能なタグのリストには、ユーザー定義のタグ、システム定義のタグ、検出されたタグが含まれます。ドロップダウン メニューから既存のタグを選択し、DHCP プロファイルに追加できます。

  11. [保存] をクリックします。

次のタスク

DHCP サーバ プロファイルをセグメントまたはゲートウェイに適用し、各セグメントで DHCP サーバを構成します。