ネットワーク遅延の統計を外部コレクタにエクスポートして、データの分析を行うことができます。ESXi ホストで実行されている netopa エージェントは vRealize Network Insight (vRNI) にのみネットワーク遅延統計をエクスポートできます。現在、他のコレクタ ツールはサポートされていません。

vRNI では、vCenter Server で管理されている ESXi ホストからのみネットワーク遅延統計を収集できます。vRNI は、vCenter Server によって管理されていないスタンドアローンの ESXi ホストから遅延の統計情報を収集しません。

次のいずれかの方法でネットワーク遅延統計をエクスポートできます。
  • 方法 1:NSX-T Data Center で管理プレーン API を使用する。
  • 方法 2:vRNI UI でオプションの設定を有効にして、遅延統計を収集する。

前提条件

  • vRNI UI で、次の順番でタスクを実行します。
    1. vCenter Server をデータソースとして追加します。NSX-T Data Center 環境で、複数の vCenter Server がコンピュート マネージャとして追加されている場合は、すべての vCenter Server をデータソースとして追加できます。
    2. NSX-T Manager をデータソースとして追加します。

    vRNI にデータソースを追加する方法については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-vRealize-Network-Insight/index.htmlにある「vRealize Network Insight の使用」を参照してください。

  • ESXi ホストからネットワーク遅延データを受信するには、コレクタでポート 1991 が開いている必要があります。

手順

  1. 方法 1:NSX-T Data Center REST API を使用する。
    1. ネットワーク遅延統計を測定するように ESXi ホストが設定されていることを確認します。
      詳細な手順については、 ネットワーク遅延統計の測定を参照してください。
    2. 次の PUT API を使用して、ネットワーク遅延統計をコレクタにエクスポートします。
      PUT https://<manager-ip>/api/v1/global-configs/OperationCollectorGlobalConfig -d '<content>'
      この API の要求本文で、次の情報を設定します。
      • 外部コレクタの詳細(コレクタの IP アドレス、コレクタのポートなど)。
      • レポートの間隔。netopa エージェントが統計情報をコレクタに送信する頻度を制御します。
  2. 方法 2:vRNI UI でオプションの設定を有効にして、遅延統計を収集する。

    NSX-T Manager を vRNI のデータソースとして追加する場合は、[遅延メトリック収集を有効にする] チェック ボックスを選択します。これにより、vRNI は ESXi ホストから遅延統計を収集できます。

    vRNI にデータソースとして NSX-T Manager を追加する方法については、「vRealize Network Insight の使用」を参照してください。

結果

vNIC から vNIC の遅延の統計情報は、次の形式で外部コレクタにエクスポートされます。

VIF1, VIF2, Max, Min, Avg
ここで:
  • VIF1, VIF2 は、仮想インターフェイスまたは vNIC を表します。
  • MaxMinAvg は、2 つの vNIC 間の最大時間、最小時間、平均時間をミリ秒単位で表しています。

物理 NIC から vNIC、または vNIC から 物理 NIC 遅延の統計情報は、次の形式で外部コレクタにエクスポートされます。

Endpoint1, Endpoint2, Max, Min, Avg
ここで:
  • Endpoint1、Endpoint2 は、仮想インターフェイス ID (VIF ID) または ESXi ホスト (vmnic) 上の物理アダプタの名前のいずれかになります。
  • MaxMinAvg は、2 つのエンドポイント間の最大時間、最小時間、平均時間をミリ秒単位で表しています。