署名された CA 証明書をインポートできます。インポートと有効化が完了すると、この CA によって署名された他の証明書は NSX-T Data Center によって信頼されます。

前提条件

CA 証明書が使用可能であることを確認します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [証明書] の順に選択します。
  3. [インポート] > [認証局 (CA) 証明書をインポート] の順に選択して、証明書の詳細を入力します。
    オプション 説明
    名前 CA 証明書に名前を割り当てます。
    証明書の内容 コンピュータの CA 証明書ファイルを参照し、ファイルを追加します。
    説明 この CA 証明書の内容のサマリを入力します。
    サービス証明書 この証明書をロード バランサや VPN などのサービスで使用する場合は、[はい] に設定します。この証明書が NSX Manager ノード用の場合は、[いいえ] に設定します。
  4. [インポート] をクリックします。