NSX 強制モード で、パブリック クラウドからワークロード仮想マシンをオンボーディングおよび管理するのに必要な手順の概要については、このワークフローを参照してください。

表 1. NSX Cloud へのワークロード仮想マシンのオンボーディングの Day-N ワークフロー
タスク 方法
キー値 nsx.network=default をワークロード仮想マシンにタグ付けします。 ワークロード仮想マシンのタグ付けについては、パブリック クラウドのドキュメントに記載された手順を実行してください。
Windows および Linux のワークロード仮想マシンに NSX Tools をインストールします。
注: CSM で、Microsoft Azure VNet に [NSX Tools の自動インストール] が有効になっている場合、 NSX Tools が自動的にインストールされます。
NSX Tools のインストール を参照してください。
(オプション)CSM で、NSX で管理するすべての仮想マシンをホワイトリストから削除します。
注: ホワイトリスト登録は、 CSM にパブリック クラウド インベントリを追加する際の最初のワークフローで推奨される手動プロセスです。ホワイトリストに追加しなかった場合は、ホワイトリストから仮想マシンを削除する必要はありません。
ホワイトリストへの仮想マシンの登録方法とホワイトリストからの削除方法 を参照してください。