URL 分析では、Web サイトをカテゴリに分類し、ドメインに基づいて評価スコアを割り当てます。

80 を超える URL カテゴリが事前に定義されています。1 つのサイトまたはドメインが複数のカテゴリに分類されることがあります。たとえば、www.vmware.com は、[Business and Economy ][Computer and Internet Info] の両方のカテゴリに分類されます。URL 分析に基づいてトラフィックを自動的にドロップまたは許可することはできません。

URL 分析ダッシュボードには、評価スコアとカテゴリ別に分類された分析済みの URL のサマリが表示されます。Tier-1 ゲートウェイから開始したフローのみが分析されます。評価スコアに基づいて、URL は次の重要度に分類されます。
重要度 説明
高リスク(1 ~ 20)。赤色で表示されます。 不正なリンクまたはペイロードを含む可能性が高いサイト。
不審(21 ~ 40)。オレンジ色で表示されます。 不正なリンクまたはペイロードを含む可能性が平均値よりも高いサイト。
中度のリスク(41 ~ 60)。黄色で表示されます。 一般に、無害なサイトでも、いくつかのセキュリティ リスク特性を示す場合があります。
低リスク(61 ~ 80)。灰色で表示されます。 無害なサイトです。ユーザーがセキュリティ リスクにさらされることはほとんどありません。
信頼できるサイト(81 ~ 100)。緑色で表示されます。 堅牢なセキュリティ対策を備えた既知のサイト。

左側には URL の分布図が表示されます。ページの下部には、評価スコア、URL、カテゴリ、セッション数など、各 URl に関する追加の詳細情報が表示されます。