Tier-1 ゲートウェイの QoS プロファイルを作成して、トラフィック速度の制限を定義します。制限を設定するには、許可された情報レートとバースト サイズを指定できます。QoS ポリシーに準拠していないトラフィックはすべてドロップされます。すべてのトラフィック タイプ(ユニキャスト、BUM、IPv4/IPv6)に対して、入力方向と出力方向の両方のトラフィックに QoS プロファイルを設定できます。Tier-1 ゲートウェイごとに別のプロファイルを作成することも選択できます。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [ネットワーク設定] の順に選択します。
  3. [ゲートウェイ QoS プロファイル] タブをクリックします。
  4. [ゲートウェイ QoS プロファイルを追加] をクリックします。
  5. プロファイルの名前を入力します。
  6. トラフィックに設定するコミットされた帯域幅制限を入力します。
  7. バースト サイズを入力します。バースト サイズには、次のガイドラインを使用します。
    • B は、バイト単位のバースト サイズです。
    • R は、コミットされたレートまたは帯域幅 (Mbps) です。
    • I は、トークン バケットからトークン (バイト単位) を補充または取り消す間隔(ミリ秒単位)です。NSX Edge CLI の get dataplane コマンドを使用して、時間間隔 (Qos_wakeup_interval_ms) を取得します。Qos_wakeup_interval_ms のデフォルト値は 50 ミリ秒です。ただし、この値は QoS 構成に基づいてデータプレーンによって自動的に調整されます。
    バースト サイズの制約は次のとおりです。
    • B >= R * 1000,000 * I / 1000 / 8。バースト サイズは各間隔で補充可能なトークンの最大量になります。
    • B >= R * 1000,000 * 1 / 1000 / 8I の最小値は 1 ミリ秒で、他の制約間でデータプレーンの CPU 使用率が考慮されます。
    • B >= MTU of SR port。MTU サイズのパケットの場合、レート制限チェックに合格するには、少なくとも MTU サイズの量のトークンがトークン バケットに存在している必要があります。
    バースト サイズは 3 つ制約をすべて満たす必要があるため、設定するバースト サイズの値は次のようになります。
    Max (R * 1000,000 * I / 1000 / 8, R * 1000,000 * 1 / 1000 / 8, MTU)
    たとえば、 R = 100 Mbps の場合、 I = 50 ミリ秒、 MTU = 1500 の場合
    B >= max (100 * 1000,000 * 50 / 1000/ 8, 100 * 1000,000 * 50 / 1000/ 8, 1500) = 625000 in bytes
  8. [保存] をクリックします。