現在、Microsoft Azure でのみサポートされます。

Microsoft Azure では、以下の条件が満たされている場合、 NSX Tools が自動的にインストールされます。
  • NSX Cloud に追加された VNet 上の仮想マシンに Azure 仮想マシンの拡張機能がインストールされている。詳細については、仮想マシンの拡張機能に関する Microsoft Azure のドキュメント を参照してください。
  • Microsoft Azure で仮想マシンに適用されるセキュリティ グループで、NSX Tools のインストールを許可する必要があります。検疫ポリシーが有効になっている場合、インストール前に CSM の仮想マシンをホワイトリストに追加し、インストール後にホワイトリストから削除することができます。
  • 仮想マシンがキー nsx.network と値 default を使用してタグ付けされている。
この機能を有効にするには、次の手順を実行します。
  1. [クラウド] > [Azure] > [VNet] の順に移動します。
  2. CSM を自動的にインストールする仮想マシンを含む VNet を選択します。
  3. 次のいずれかの方法を使用してオプションを有効にします。
    • タイル ビューの場合は、[アクション] > [設定の編集] の順にクリックします。
    • グリッド ビューの場合は、VNet の横にあるチェック ボックスを選択し、[アクション] > [設定の編集] の順にクリックします。
    • [VNet] タブの場合は、[アクション] アイコンをクリックして [設定の編集] に移動します。
  4. [NSX Tools の自動インストール] の横にあるスライダを ON の位置に移動します。
注: NSX Tools のインストールが失敗した場合は、次の操作を行います。
  1. Microsoft Azure ポータルにログインし、NSX Tools のインストールが失敗した仮想マシンに移動します。
  2. 仮想マシンの拡張機能に移動し、 VMwareNsxAgentInstallCustomScriptExtension という名前の拡張機能をアンインストールします。
  3. この仮想マシンから nsx.network=default タグを削除します。
  4. この仮想マシンに再度 nsx.network=default タグを追加します。

3 分以内に NSX Tools がこの仮想マシンにインストールされます。