カスタムのポート ミラーリング スイッチング プロファイルを使用する前に、カスタマイズが正常に動作するかを確認します。

前提条件

手順

  1. ポート ミラーリング用に設定された論理ポートに接続している、VIF を持つ 2 台の仮想マシンを見つけます。
    たとえば、VM1 10.70.1.1 と VM2 10.70.1.2 には VIF が接続され、同じ論理ネットワークにあります。
  2. ターゲット IP アドレスで tcpdump コマンドを実行します。
    sudo tcpdump -n -i eth0 dst host destination_IP_addres and proto gre
    たとえば、ターゲット IP アドレスは 10.24.123.196 です。
  3. 最初の仮想マシンにログインして、2 番目の仮想マシンに ping を送信し、対応する ECHO リクエストと応答がターゲット アドレスで受信されることを確認します。

次のタスク

このポート ミラーリングがカスタマイズされたスイッチング プロファイルを論理スイッチに接続し、スイッチング プロファイル内で変更されたパラメータがネットワーク トラフィックに適用されるようにします。マネージャ モードでの論理スイッチ ポートへのカスタム プロファイルの関連付け を参照してください。