論理スイッチには複数のスイッチ ポートがあります。論理スイッチ ポートは、異なるネットワーク コンポーネント、仮想マシン、またはコンテナを論理スイッチに接続します。

vCenter Server によって管理されている ESXi ホスト上の論理スイッチに仮想マシンを接続すると、論理スイッチ ポートが自動的に作成されます。仮想マシンを論理スイッチに接続する方法については、マネージャー モードでの論理スイッチへの仮想マシンの接続を参照してください。

コンテナから論理スイッチへの接続の詳細については、『 NSX-T Container Plug-in for Kubernetes - インストールおよび管理ガイド』を参照してください。
注: コンテナの論理スイッチ ポートにバインドされる IP アドレスと MAC アドレスは、 NSX Manager によって割り当てられます。アドレスのバインドは手動で変更しないでください。

論理スイッチ ポートでアクティビティを監視するには、マネージャ モードでの論理スイッチ ポート アクティビティの監視を参照してください。

前提条件

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [論理スイッチ] > [ポート] > [追加] を選択します。
  3. [全般] タブで、ポートの詳細を完了します。
    オプション 説明
    名前と説明 名前を入力します。必要に応じて説明も入力します。
    論理スイッチ ドロップダウン メニューから論理スイッチを選択します。
    管理状態 [稼動中] または [停止] を選択します。
    添付ファイルの種類 [なし] または [VIF] を選択します。
    添付ファイル ID 添付ファイルの種類が VIF の場合、添付ファイル ID を入力します。
    API を使用して、接続の種類を追加の値( LOGICALROUTERBRIDGEENDPOINTDHCP_SERVICEMETADATA_PROXYL2VPN_SESSION)に設定できます。接続の種類が DHCP サービス、メタデータ プロキシまたは L2 VPN セッションの場合、ポートのスイッチング プロファイルをデフォルトにする必要があります。ユーザー定義のプロファイルは使用できません。
  4. (オプション) [スイッチング プロファイル] タブで、スイッチング プロファイルを選択します。
  5. [保存] をクリックします。