NSX-T Data Center は複数サイトの展開をサポートしており、1 つの NSX Manager クラスタからすべてのサイトを管理できます。

複数サイトの展開では、2 つのタイプがサポートされています。
  • ディザスタ リカバリ
  • アクティブ/アクティブ

次の図に、ディザスタ リカバリの展開を示します。


複数サイトのディザスタ リカバリの展開

アクティブ/アクティブ展開で、すべてのサイトがアクティブであり、レイヤー 2 トラフィックがサイトの境界を越えて広がります。ディザスタ リカバリの展開では、プライマリ サイトの NSX-T Data Center は企業のネットワークを処理します。セカンダリ サイトは、プライマリ サイトで致命的な障害が発生した場合に引き継ぐ準備をしています。

次の図に、アクティブ/アクティブ展開を示します。


複数サイトのアクティブ/アクティブ展開

管理プレーンとデータ プレーンのリカバリを自動、手動またはスクリプトで行うため、2 つのサイトを展開できます。

管理プレーンの自動リカバリ

要件:
  • 拡張された vCenter Server クラスタでサイト間の HA が設定されている必要があります。
  • 管理 VLAN が拡張されている必要があります。

NSX Manager クラスタは管理 VLAN に展開され、プライマリ サイトに物理的に配置されます。プライマリ サイトに障害が発生した場合、vSphere HA はセカンダリ サイトの NSX Manager を再起動します。すべてのトランスポート ノードが、再起動された NSX Manager に自動的に再接続します。このプロセスには約 10 分間かかります。この間、管理プレーンは使用できませんが、データ プレーンは影響を受けません。

次の図に、管理プレーンの自動リカバリを示します。

データ プレーンの自動リカバリ

要件:
  • Edge ノード間の最大遅延が 10 ミリ秒でなければなりません。
  • Tier-0 ゲートウェイの HA モードがアクティブ/スタンバイで、フェイルオーバー モードがプリエンプティブに設定されている必要があります。

注:Tier-1 ゲートウェイのフェイルオーバー モードは、プリエンプティブまたは非プリエンプティブに設定できます。

構成手順:
  • API を使用して、2 つのサイト(たとえば、FD1A-Preferred_Site1FD2A-Preferred_Site1)に障害ドメインを作成します。プライマリ サイトの preferred_active_edge_servicestrue パラメータを設定し、セカンダリ サイトに false を設定します。
    POST /api/v1/failure-domains
    {
    "display_name": "FD1A-Preferred_Site1",
    "preferred_active_edge_services": "true"
    }
    
    POST /api/v1/failure-domains
    {
    "display_name": "FD2A-Preferred_Site1",
    "preferred_active_edge_services": "false"
    }
  • API を使用して、2 つのサイト間で拡張された Edge クラスタを構成します。たとえば、クラスタのプライマリ サイトに Edge ノード EdgeNode1AEdgeNode1B があり、セカンダリ サイトに Edge ノード EdgeNode2AEdgeNode2B があるとします。アクティブな Tier-0 および Tier-1 ゲートウェイは EdgeNode1AEdgeNode1B で実行されます。スタンバイの Tier-0 および Tier-1 ゲートウェイは EdgeNode2AEdgeNode2B で実行されます。
  • API を使用して、各 Edge ノードをサイトの障害ドメインと関連付けます。最初に GET /api/v1/transport-nodes/<transport-node-id> API を呼び出して、Edge ノードに関するデータを取得します。GET API の結果を PUT /api/v1/transport-nodes/<transport-node-id> API の入力として使用し、追加のプロパティ failure_domain_id を適切に設定します。次はその例です。
    GET /api/v1/transport-nodes/<transport-node-id>
    Response:
    {
        "resource_type": "TransportNode",
        "description": "Updated NSX configured Test Transport Node",
        "id": "77816de2-39c3-436c-b891-54d31f580961",
        ...
    }
    
    PUT /api/v1/transport-nodes/<transport-node-id>
    {
        "resource_type": "TransportNode",
        "description": "Updated NSX configured Test Transport Node",
        "id": "77816de2-39c3-436c-b891-54d31f580961",
        ...
        "failure_domain_id": "<UUID>",
    }
  • API を使用して、障害ドメインに基づいてノードを割り当てるように Edge クラスタを構成します。最初に GET /api/v1/edge-clusters/<edge-cluster-id> API を呼び出して、Edge クラスタに関するデータを取得します。GET API の結果を PUT /api/v1/edge-clusters/<edge-cluster-id> API の入力として使用し、追加のプロパティ allocation_rules を適切に設定します。次はその例です。
    GET /api/v1/edge-clusters/<edge-cluster-id>
    Response:
    {
        "_revision": 0,
        "id": "bf8d4daf-93f6-4c23-af38-63f6d372e14e",
        "resource_type": "EdgeCluster",
        ...
    }
    
    PUT /api/v1/edge-clusters/<edge-cluster-id>
    {
        "_revision": 0,
        "id": "bf8d4daf-93f6-4c23-af38-63f6d372e14e",
        "resource_type": "EdgeCluster",
        ...
        "allocation_rules": [
            {
                "action": {
                          "enabled": true,
                          "action_type": "AllocationBasedOnFailureDomain"
                          }
            }
        ],
    }
  • API または NSX Manager のユーザー インターフェイスを使用して、Tier-0 および Tier-1 ゲートウェイを作成します。

プライマリ サイトの Edge ノードで障害が発生すると、そのノードにホストされている Tier-0 および Tier-1 ゲートウェイはセカンダリ サイトの Edge ノードに移行されます。

次の図に、データ プレーンの自動リカバリを示します。

手動/スクリプトによる管理プレーンのリカバリ

要件:
  • NSX Manager の DNS に短い TTL(たとえば 5 分)が設定されている必要があります。
  • バックアップが継続的に行われている必要があります。

vSphere HA または拡張された管理 VLAN は必要ありません。NSX-T Manager が、短い TTL の DNS 名に関連付けられている必要があります。すべてのトランスポート ノード(Edge ノードとハイパーバイザー)が、DNS 名を使用して NSX Manager に接続する必要があります。時間を節約するため、セカンダリ サイトに NSX Manager クラスタをプリインストールすることもできます。

リカバリ手順は次のとおりです。
  1. NSX Manager クラスタで異なる IP アドレスを使用できるように DNS レコードを変更します。
  2. NSX Manager クラスタをバックアップからリストアします。
  3. 新しい NSX Manager クラスタにトランスポート ノードを接続します。

次の図に、手動/スクリプトによる管理プレーンのリカバリを示します。

手動/スクリプトによるデータ プレーンのリカバリ

要件:
  • Edge ノード間の最大遅延が 150 ミリ秒でなければなりません。

Edge ノードには仮想マシンまたはベアメタルを使用できます。Tier-0 ゲートウェイは、アクティブ/スタンバイまたはアクティブ/アクティブにできます。Edge ノードの仮想マシンは、別の vCenter Server にインストールできます。vSphere HA は必要ありません。

リカバリ手順は次のとおりです。
  1. ディザスタ リカバリ (DR) サイトの既存の Edge クラスタに、スタンバイ Tier-0 ゲートウェイを作成します。
  2. API を使用して、Tier-0 ゲートウェイに接続されている Tier-1 ゲートウェイを DR サイトの Tier-0 ゲートウェイに移動します。
  3. API を使用して、スタンドアローン Tier-1 ゲートウェイを DR サイトに移動します。
  4. API を使用して、レイヤー 2 ブリッジを DR サイトに移動します。

次の図に、手動/スクリプトによるデータ プレーンのリカバリを示します。

複数サイトの展開の要件

サイト間の通信
  • 帯域幅は 1 Gbps 以上で、遅延 (RTT) は 150 ミリ秒未満である必要があります。
  • MTU は 1,600 以上である必要があります。推奨は 9,000 です。
NSX Manager 設定
  • NSX-T Data Center 設定の変更時の自動バックアップを有効にする必要があります。
  • FQDN を使用できるように NSX Manager を設定する必要があります。
データ プレーン リカバリ
  • NAT やロード バランサなどのサービスを介してパブリック IP アドレスを公開する場合は、同じインターネット プロバイダを使用する必要があります。
  • Tier-0 ゲートウェイの HA モードがアクティブ/スタンバイで、フェイルオーバー モードがプリエンプティブに設定されている必要があります。
クラウド管理システム
  • クラウド管理システム (CMS) は NSX-T Data Center プラグインをサポートする必要があります。このリリースでは、VMware Integrated OpenStack (VIO) および vRealize Automation (vRA) がこの要件を満たしています。

制限事項

  • Local Egress 機能はありません。すべての North-South トラフィックは 1 つのサイト内で発生する必要があります。
  • コンピューティング ディザスタリ カバリ ソフトウェアが VMware SRM 8.1.2 以降などの NSX-T Data Center をサポートしている必要があります。