NSX Agent がインストールされた仮想マシンの AWS で AMI を生成するか、Microsoft Azure で管理対象イメージを生成することができます。

この機能を使用すると、エージェントが設定され、実行されている複数の仮想マシンを起動できます。

NSX Agent がインストールされている仮想マシンの AMI/管理対象イメージ(このトピックの残りのイメージ)を生成する方法は、2 つあります。

  • [未設定の NSX Agent を使用してイメージを生成する]-noStart オプションを使用して NSX Agent がインストールされながらも設定されていない仮想マシンから、イメージを生成できます。このオプションを使用すると、NSX Agent パッケージを取得してインストールできますが、NSX Services は起動されません。また、証明書の生成などの NSX の設定は行われません。
  • [NSX Agent の既存の設定を削除した後にイメージを生成する]:NSX の管理対象仮想マシンから設定を削除して、その仮想マシンをイメージの生成に使用することができます。