IPv4 ネットワークで同じマルチキャスト データが受信者グループに送信されるように、Tier-0 ゲートウェイでマルチキャストを設定できます。マルチキャスト環境では、グループのメンバーかどうかに関係なく、任意のホストがグループにデータを送信できます。ただし、グループに送信されたパケットを受信できるのは、そのグループのメンバーだけです。

マルチキャスト機能には次の機能と制限があります。
  • IGMPv2 での PIM スパース モード。
  • NSX-T にランデブー ポイント (RP) またはブートストラップ ルーター (BSR) 機能はありません。ただし、RP 情報は PIM ブートストラップ メッセージ (BSM) で学習されます。また、静的 RP を設定することもできます。

    スタティック RP を設定した場合、すべてのマルチキャスト グループ (224/4) の RP として機能します。同じグループ範囲に対して、BSM から学習された候補 RP が候補をアドバタイズする場合、スタティック RP が優先されます。ただし、特定のグループまたはグループの範囲に対して候補 RP が候補をアドバタイズする場合は、これらの候補がグループの RP として優先されます。

  • すべてのマルチキャスト固有の IP アドレス(データ トラフィックの送信者、BSR、RP)に対する Reverse Path Forwarding (RPF) チェックでは、それぞれにルートが存在している必要があります。NSX-T Data Center 3.0.0 では、デフォルト ルート経由の到達可能性はサポートされていません。NSX-T Data Center 3.0.1 以降では、デフォルト ルート経由の到達可能性もサポートされています。
  • RPF チェックでは、ネクスト ホップとして IP アドレスを持つマルチキャスト固有の IP アドレスへのルートが必要です。ネクスト ホップがインターフェイス インデックスになるデバイス ルート経由の到達可能性はサポートされていません。
  • Tier-0 ゲートウェイのみ。
  • Tier-0 ゲートウェイの 1 つのアップリンクでのみサポートされます。
  • アクティブ/コールド スタンバイのみがサポートされます。
  • NSX Edge クラスタは、アクティブ/アクティブまたはアクティブ/スタンバイ モードにできます。クラスタがアクティブ/アクティブ モードの場合、2 つのクラスタ メンバーがアクティブ/コールド スタンバイ モードでマルチキャストを実行します。各 Edge で CLI コマンド get mcast high-availability role を実行して、マルチキャストに参加している 2 つのノードを識別できます。また、アクティブ/アクティブ クラスタ内の NSX-T へのユニキャストは ECMP 経由になるため、NSX-T に Join/Prune メッセージを送信するには、ノースバウンド PIM ルーターが PIM ネイバーに一致する ECMP パスを選択する必要があります。これにより、PIM が実行されているアクティブな Edge が選択されます。
  • スケール:最大 2,000 個のマルチキャスト グループ。
  • East-West 方向のマルチキャスト レプリケーション:レプリケーションの効率を最大にするため、最大 4 つまでの VTEP セグメント。
  • ESXi ホストと NSX Edge のみ(KVM はサポートされません)。
  • ダウンリンク セグメントに接続されたレイヤー 2 ブリッジはサポートされません。
  • マルチキャストで Edge ファイアウォール サービスはサポートされません。
  • マルチサイト(フェデレーション)はサポートされません。
  • マルチ VRF はサポートされません。

マルチキャスト構成の前提条件

アンダーレイ ネットワークの構成:
  • ネットワーク管理者からマルチキャスト アドレス範囲を取得します。これは、Tier-0 ゲートウェイでマルチキャストを構成するときにマルチキャスト レプリケーション範囲の設定で使用します(マルチキャストの設定を参照)。
  • GENEVE に参加しているホストが接続しているレイヤー 2 スイッチで IGMP スヌーピングを有効にします。IGMP スヌーピングがレイヤー 2 で有効になっている場合は、マルチキャスト対応のネットワークと接続しているルーターまたはレイヤー 3 スイッチ上で IGMP クエリアを有効にする必要があります。

マルチキャストの設定手順

  1. IGMP プロファイルを作成します。IGMP プロファイルの作成 を参照してください。
  2. 必要であれば、PIM プロファイルを作成して、静的ランデブーポイント (RP) を設定します。PIM プロファイルの作成 を参照してください。
  3. マルチキャストをサポートするように Tier-0 ゲートウェイを設定します。Tier-0 ゲートウェイの追加マルチキャストの設定を参照してください。