論理ルーター ポートに DHCP リレー サービスを追加します。このポートに接続されている論理スイッチの仮想マシンは、リレー サービスで設定されている DHCP サーバと通信できます。

前提条件

  • DHCP リレー サービスが設定されていることを確認します。マネージャ モードでの DHCP リレー サービスの作成を参照してください。
  • ルーター ポートの種類が [ダウンリンク] であることを確認します。
  • NSX Manager ユーザー インターフェイスで [マネージャ] モードが選択されていることを確認します。NSX Manager を参照してください。[ポリシー] モード ボタンと [マネージャ] モード ボタンが表示されない場合は、ユーザー インターフェイスの設定を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [Tier-0 論理ルーター] の順に選択します。
  3. 詳細情報と設定オプションを表示するには、該当するルーターを選択します。
  4. [設定] > [ルーター ポート] の順に選択します。
  5. 目的の論理スイッチに接続するルーター ポートを選択し、[編集] をクリックします。
  6. [リレー サービス] ドロップダウン リストから DHCP リレー サービスを選択し、[保存] をクリックします。
    また、新しい分散論理ルーター ポートを追加するときに DHCP リレー サービスを選択することもできます。