NSX-T Data Center 論理スイッチが VLAN でバッキングされたポート グループへのレイヤー 2 接続を必要とする場合、あるいは NSX-T Data Center 環境の外部にあるゲートウェイなどの別のデバイスにアクセスする必要がある場合は、NSX-T Data Center レイヤー 2 ブリッジを使用することができます。このレイヤー 2 ブリッジは、物理ワークロードと仮想ワークロード上でサブネットを分割する必要がある移行シナリオで特に役に立ちます。

レイヤー 2 ブリッジに関連する NSX-T Data Center の概念は、Edge クラスタと Edge ブリッジ プロファイルです。NSX Edge トランスポート ノードを使用して、レイヤー 2 ブリッジを設定できます。ブリッジに NSX Edge のトランスポート ノードを使用するには、Edge ブリッジ プロファイルを作成します。Edge ブリッジ プロファイルには、ブリッジに使用する Edge クラスタと、プライマリおよびバックアップ ブリッジとして機能する Edge トランスポート ノードを指定します。

Edge ブリッジ プロファイルは論理スイッチに接続し、マッピング サービスがブリッジに使用される Edge の物理アップリンクと、論理スイッチに関連付けられる VLAN ID を指定します。1 つの論理スイッチを複数のブリッジ プロファイルに接続できます。