HTTP 応答書き換えは、サーバからクライアントに送信される HTTP 応答に適用されます。

前提条件

レイヤー 7 HTTP 仮想サーバが使用できることを確認します。レイヤー 7 HTTP 仮想サーバの追加 を参照してください。

ロード バランサのルールは、一致のタイプとして正規表現をサポートします。高度な使用方法ではいくつかの制限がありますが、PCRE スタイルの正規表現パターンがサポートされています。一致条件に正規表現を使用する場合、名前付きキャプチャ グループがサポートされます。ロード バランサ ルールの正規表現 を参照してください。

手順

  1. レイヤー 7 HTTP 仮想サーバを開きます。
  2. [応答の書き換え] > [ルールの追加] の順にクリックし、HTTP 応答の書き換えにロード バランサ ルールを設定します。
    一致するすべての値には、正規表現を使用できます。
    サポートされている一致条件 説明
    HTTP 応答ヘッダー この条件は、HTTP ヘッダー フィールドとバックエンド サーバからの HTTP 応答メッセージを照合する際に使用されます。

    http_response.header_name:一致するヘッダー名

    http_response.header_value:一致する値
    HTTP 応答メソッド HTTP 応答メソッドに一致します。

    http_response.method:一致する値

    HTTP 応答 URI HTTP 応答 URI に一致します。

    http_response.uri:一致する値

    HTTP 応答の URI 引数 HTTP 応答の URI 引数に一致します。

    http_response.uri_args:一致する値

    HTTP 応答バージョン HTTP 応答バージョンに一致します。

    http_response.version:一致する値

    HTTP 応答 Cookie 任意の HTTP 応答 cookie に一致します。

    http_response.cookie_value:一致する値

    クライアント SSL クライアント SSL プロファイル ID と一致します。

    ssl_profile_id:一致する値

    TCP ヘッダー ポート TCP の送信元ポートまたは宛先ポートと一致します。

    tcp_header.source_port:一致する送信元ポート

    tcp_header.destination_port:一致する宛先ポート

    IP ヘッダー ソース HTTP メッセージの IP ヘッダー フィールドと一致します。送信元のタイプは、単一の IP アドレス、IP アドレスの範囲またはグループのいずれかにする必要があります。グループの追加 を参照してください。

    HTTP メッセージの送信元 IP アドレスは、グループで設定されている IP アドレスと一致する必要があります。IPv4 と IPv6 の両方のアドレスがサポートされています。

    ip_header.source_address:一致する送信元の IP アドレス

    ip_header.destination_address:一致する宛先の IP アドレス
    変数 変数を作成し、この変数に値を割り当てます。
    大文字と小文字を区別 HTTP ヘッダー値を比較する場合、大文字と小文字が区別されるフラグを設定します。
  3. アクションを選択します。
    アクション 説明
    HTTP 応答ヘッダーの書き換え このアクションは、HTTP 応答メッセージのヘッダー フィールドを新しい値で書き換える場合に使用されます。

    http_response.header_name:ヘッダー名

    http_response.header_value:書き込む値

    HTTP 応答ヘッダーの削除 このアクションは、HTTP 応答メッセージのヘッダー フィールドを削除する場合に使用されます。

    http_request.header_delete:ヘッダー名

    http_request.header_delete:書き込む値

    変数パーシステンス学習 汎用パーシステンス プロファイルを選択し、変数名を入力します。

    また、[ハッシュ変数] を有効にすることもできます。変数の値が長い場合、変数のハッシュ値を使用することで、変数をパーシステンス テーブルに正しく格納できます。[ハッシュ変数] が有効になっていない場合、長い変数値は、固定プリフィックス部分のみがパーシステンス テーブルに格納されます。その結果、プリフィックス部分が同じ変数値が複数存在すると、異なるバックエンド サーバにディスパッチするときに、長い変数値を含む 2 つの異なる要求が同じバックエンド サーバにディスパッチされる場合があります。

  4. [保存][適用] の順にクリックします。