次の手順は、NSX ManagerNSX Edge、Cloud Service Manager、NSX Intelligence アプライアンスに適用されます。

注: NSX Manager クラスタがある場合、1 つの NSX Managerrootadmin、または audit ユーザーのパスワードをリセットすると、クラスタ内の他の NSX Manager のパスワードも自動的にリセットされます。パスワードの同期には数分以上かかることがあります。

ユーザー admin または audit の名前を変更した場合は、次の手順で新しい名前を使用します。

デフォルトでは、アプライアンスを再起動したときに GRUB 起動メニューが表示されません。次の手順を行う前に、GRUB 起動メニューを表示するように GRUB を設定しておく必要があります。GRUB の設定と GRUB root パスワードの変更方法については、『NSX-T Data Center インストール ガイド』の「起動時に GRUB メニューを表示する NSX-T Data Center の設定」を参照してください。

root のパスワードがわかっていても、 admin または audit のパスワードを忘れた場合は、次の手順でパスワードをリセットできます。
  1. root としてアプライアンスにログインします。
  2. NSX Edge の場合は、/etc/init.d/nsx-edge-api-server stop コマンドを実行します。それ以外の場合は、/etc/init.d/nsx-mp-api-server stop コマンドを実行します。
  3. admin のパスワードをリセットするには、passwd admin コマンドを実行します。
  4. audit のパスワードをリセットするには、passwd audit コマンドを実行します。
  5. コマンド touch /var/vmware/nsx/reset_cluster_credentials を実行します。
  6. NSX Edge の場合は、/etc/init.d/nsx-edge-api-server start コマンドを実行します。それ以外の場合は、/etc/init.d/nsx-mp-api-server start コマンドを実行します。

root ユーザーのパスワードを忘れてしまった場合は、次の手順でパスワードをリセットできます。前述の手順で admin または audit のパスワードをリセットできます。

手順

  1. アプライアンスのコンソールに接続します。
  2. システムを再起動します。
  3. GRUB ブート メニューが表示されたら、すばやく左 SHIFT キーまたは ESC キーを押します。キーを押すのが遅く、ブート シーケンスが一時停止されなかった場合は、もう一度システムを再起動する必要があります。
  4. e キーを押して、メニューを編集します。
    ユーザー名 rootroot の GRUB パスワードを入力します(アプライアンスのユーザー root とは異なります)。
  5. Ubuntu を選択した状態で、カーソルを維持します。
  6. e キーを押して、選択したオプションを編集します。
  7. linux で始まる行を検索し、行の最後に systemd.wants=PasswordRecovery.service を追加します。
  8. Ctrl-X キーを押して、起動します。
  9. ログ メッセージが停止したら、root の新しいパスワードを入力します。
  10. パスワードを再度入力します。
    起動プロセスが続行します。
  11. 再起動後、新しいパスワードを使用して root としてログインし、パスワードの変更を確認します。