ドラフトは、ポリシー セクションとルールが設定された分散ファイアウォールの完全な構成です。ドラフトはすぐに発行することも、後で発行するために保存することもできます。保存は自動または手動で行うことができます。

手動ドラフトのファイアウォール構成を保存するには、分散ファイアウォール画面の右上に移動し、[アクション] > [保存] の順にクリックします。保存後、[アクション] > [表示] の順に選択すると、構成を表示できます。デフォルトでは、自動ドラフトが有効になっています。自動ドラフトを無効にするには、[アクション] > [全般設定] の順に移動します。自動ドラフトが有効になっているときに、ファイアウォールの構成を変更すると、システムによって自動ドラフトが生成されます。最大で、100 個の自動ドラフトと 10 個の手動ドラフトを保存できます。自動ドラフトを編集して手動ドラフトとして保存できます。このドラフトはすぐに発行することも、後で発行することもできます。同じドラフトを複数のユーザーが開いて編集しないように、手動ドラフトをロックできます。ドラフトを発行すると、現在の構成がドラフトの構成に置き換わります。