NSX-T Data Center には、いくつかのデフォルトの IP 検出セグメント プロファイルがあります。追加の IP 検出スイッチング プロファイルを作成することもできます。

前提条件

IP 検出セグメント プロファイルの概念について理解しておく必要があります。IP アドレス検出セグメント プロファイルの理解 を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [セグメント] > [セグメント プロファイル] の順に選択します。
  3. [セグメント プロファイルの追加] をクリックして、[IP 検出] を選択します。
  4. IP 検出セグメント プロファイルの詳細を指定します。
    オプション 説明
    名前 名前を入力します。
    ARP スヌーピング IPv4 環境用。仮想マシンに固定 IP アドレスが設定されている場合に適用できます。
    ARP 割り当て制限 ポートに割り当てられる IPv4 IP アドレスの最大数。許容されている最小値は 1、最大値は 256 です。デフォルトは 1 です。
    ARP ND 割り当て制限のタイムアウト TOFU が無効になっている場合に、ARP/ND 割り当てテーブル内の IP アドレスがタイムアウトになる時間の値(分単位)。アドレスがタイムアウトになった場合は、新たに検出されたアドレスで置き換えられます。
    DHCP スヌーピング IPv4 環境用。仮想マシンに IPv4 アドレスが設定されている場合に適用できます。
    DHCP スヌーピング: IPv6 IPv6 環境用。仮想マシンに IPv6 アドレスが設定されている場合に適用できます。
    仮想マシン ツール ESXi ホストの仮想マシン専用。
    仮想マシン ツール: IPv6 ESXi ホストの仮想マシン専用。
    ND スヌーピング IPv6 環境用。仮想マシンに固定 IP アドレスが設定されている場合に適用できます。
    ND スヌーピングの制限 ポートに割り当てられる IPv6 IP アドレスの最大数。
    初回使用時に信頼する ARP スヌーピングおよび ND スヌーピングに適用できます。
    重複 IP アドレスの検出 すべてのスヌーピング方法と IPv4 と IPv6 の両方の環境に使用します。
  5. [保存] をクリックします。