DNS クエリを外部 DNS サーバに転送するように、DNS フォワーダを設定できます。

DNS フォワーダを設定する前に、デフォルトの DNS ゾーンを設定する必要があります。必要に応じて、1 つ以上の FQDN DNS ゾーンを設定できます。各 DNS ゾーンは、最大 3 台までの DNS サーバに関連付けることができます。FQDN DNS ゾーンを設定する場合は、1 つ以上のドメイン名を指定します。DNS フォワーダは、デフォルトの DNS ゾーンと、最大 5 つまでの FQDN DNS ゾーンに関連付けられます。DNS クエリを受信すると、DNS フォワーダはクエリ内のドメイン名を FQDN DNS ゾーンのドメイン名と比較します。一致が見つかると、FQDN DNS ゾーンで指定された DNS サーバにクエリを転送します。一致が見つからない場合、デフォルトの DNS ゾーンで指定された DNS サーバにクエリを転送します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [IP 管理] > [DNS] の順に選択します。
  3. [DNS サービスの追加] をクリックします。
  4. 名前を入力します。必要に応じて説明も入力します。
  5. Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイを選択します。
  6. DNS サービスの IP アドレスを入力します。
    クライアントは、この IP アドレスに DNS クエリを送信します。これは DNS フォワーダのリスナー IP ともいいます。
  7. デフォルトの DNS ゾーンを選択します。
  8. ログ レベルを選択します。
  9. 最大 5 つの FQDN ゾーンを選択します。
  10. [管理状態] 切り替えボタンをクリックして、DNS サービスを有効または無効にします。
  11. [保存] をクリックします。